grape [グレイプ]

「あ、あるあるすぎる…!」 シュールで笑える『博物館あるある』にハッ!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:山田全自動オフィシャルブログ

日常の、ふとした瞬間に感じる喜怒哀楽や違和感を浮世絵風のイラストで表現する、漫画家の山田全自動さん。

今回は、博物館での『あるある』を描いたイラストをご紹介します。

きっと多くの人が、子どものころに一度は博物館を訪れたことがあるでしょう。数々の展示品を見て、子どもながらにロマンを感じたのではないでしょうか。

大人になっても、博物館で得られる楽しさは変わりません。ですが、成長したことで新たな視点になることも…。

博物館あるある

基本、土と木でござる

8割解説文を見ているでござる

謎の見栄を張るでござる

とりあえず儀式といっとけば大丈夫的な風潮あるでござる

「とりあえず儀式で使われたことにしているんだろうな」「自分、解説文のほうが長く見てない?」など、子どものころは考えなかった『あるある』の数々。

歳をとるにつれて、大人の事情を察したり、つい自分の姿を客観的に見てしまったりしてしまうものですよね。

時には、童心に戻って「すごーい!」「カッコいい!」「強そう!」と単純に展示物を見るのも楽しいかもしれません!

山田全自動さんの単行本が発売中

ゆるーい浮世絵で、ネットを中心に人気を博している山田全自動さんの作品。

ツボにはまった人は、ぜひ単行本『山田全自動でござる』と『またもや山田全自動でござる』もご覧ください。

山田全自動でござる

山田全自動でござる

山田全自動
1,080円(04/19 18:37時点)
発売日: 2017/09/08
Amazonの情報を掲載しています
またもや山田全自動でござる

またもや山田全自動でござる

山田全自動
1,080円(04/19 18:37時点)
発売日: 2018/09/19
Amazonの情報を掲載しています

[文・構成/grape編集部]

出典
山田全自動オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top