grape [グレイプ]

3月22日は『さくらねこの日』! あなたができる、殺処分ゼロへの1歩

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

さくらねこ』という言葉を知っていますか?

地域猫や保護猫の耳を見ると、耳の先っぽが『Vの字』型にカットされていることがあります。切り込みが入った耳は、まるで桜の花びらのような形です。

この『さくら耳』をした猫は、不妊・去勢手術が施された目印なのです。

中には「耳をカットするなんて、かわいそう!」と思う人もいるかもしれません。ですがボランティアが猫の手術の際、麻酔中にカットし、止血しているので安心です。

さくら耳は「生まれた子猫がすぐに殺処分される」という悲しい事態を防ぐために必要なことなのです。

『さくらねこ』のTNR活動を支援

猫の殺処分ゼロを目指す公益財団法人『どうぶつ基金』は、『さくらねこ』の認知度を上げるために毎年3月22日を『さくらねこの日』に制定しました。

『どうぶつ基金』によると、日本では年間3万4854匹の猫が行政により殺処分されているといいます。殺処分される猫の多くが、生後間もない子猫です。

生まれたばかりの尊い命が失われる現状を変えるため、「殺処分ゼロ」を目指す『どうぶつ基金』はこれまで全国で8万4324匹の猫に無料で不妊・去勢手術を行ってきました。

野良猫や地域猫を捕獲(TRAP)し、不妊・去勢手術(Neuter)し、元の場所へ帰す(Return)…こういった活動を、『TNR』といいます。

全国から依頼が殺到している『TNR』。しかし、『どうぶつ基金』がこのボランティア活動を続けていくには資金が必要です。

そこで、『どうぶつ基金』は毎月2222円から継続的に『TNR』の取り組みを応援する『さくらねこサポーター』を募集しています。

※動画の中で「行政による年間の殺処分数は10万匹」といっていますが、これは2014年当時の殺処分数です。『さくらねこTNR活動』の甲斐もあり、2017年度の殺処分数は3万4千匹まで減少しました。

『TNR』を行う上で、オス猫1匹にはおよそ2000円、メス猫1匹にはおよそ4000円の費用がかかるとのこと。『さくらねこサポーター』の支援は、無料手術に限定して使用されます。

また、継続の寄付だけでなく都度の寄付も受け付けています。「猫を救いたい」と思う人は、ぜひチェックしてみてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top