grape [グレイプ]

監督辞任に至った『嫌がらせ』を暴露した織田信成 「酷すぎる」と同情の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年9月29日、プロフィギュアスケーターの織田信成さんがブログを更新。

冒頭で「本当は楽しいことを書くこの場で、またこの時期にこのようなご報告をしなければならないことをどうかお許し下さい」と謝罪し、関西大学アイススケート部の監督辞任についての事情を明かしました。

織田信成、関西大学での『嫌がらせ行為』を暴露

2017年に母校である関西大学でスケート部の監督に就任し、2019年9月9日に退任が発表された織田さん。

一部メディアで辞任の理由が「多忙であるため」と報じられたことに対し、織田さんはこのようにつづりました。

辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです。

織田信成オフィシャルブログ ーより引用

織田さんはたびたび嫌がらせやモラル・ハラスメント(通称・モラハラ)を受け、ストレスから体調を壊してしまったそうです。

そういった行為を受け、同年7月に弁護士を交えて関西大学と話し合いをした織田さん。

「関西大学が調べ、報告をする」という結論に至ったものの、その後関西大学はこれといった対応をとらず、約束していた結果報告もなかったとのことです。

体調を崩したことでほかの仕事への影響もあり、織田さんは半ばあきらめた気持ちで辞任を決意したといいます。

投稿の最後に、織田さんはこのように思いを述べました。

途中で職務を投げ出す形になり、本当に申し訳なく思っています。どんな状況でもスケートを教える事がすごく楽しかったので、自分がもっと強くいられればきっとこんな風にはならなかったのだと反省しています。

人前で笑う事が辛く感じる時期もありましたが、今は家族との時間を多く取り、他のお仕事をする事で精神的にも安定してきました。

13年間、お世話になった関西大学たかつきアイスアリーナを去る事は大きな決断でしたが、指導者としての夢はまだ諦めていないので、オファーがあれば何処へでも行って指導できればと思います。

織田信成オフィシャルブログ ーより引用

2017年に現役を引退して以来、フィギュアスケートの指導という方面でも活躍している織田さん。

指導の仕事が楽しいからこそ、今回の辞任にあたって悩みぬいたのでしょう。今回の投稿も、勇気を振り絞ったのではないでしょうか。

投稿はネットでまたたく間に拡散され、多くの人が心を痛めているようです。

・そんなことがあったなんて…。今はゆっくりと休んでくださいね。

・これが事実なら酷い。日本のフィギュアスケート界に貢献してきた織田さんに対してこれは許されない。

・織田さんは人柄がいいから、そういう人に付け込まれやすかったのかな。つらいですね。

あくまでもこれは織田さんの主張であり、真相はまだ分かりません。しかし、これが事実であれば由々しき事態でしょう。

関西大学側がしっかりと真相を調べ、織田さんの心の傷が1日でも早く回復することを祈るばかりです。


[文・構成/grape編集部]

出典
織田信成オフィシャルブログ

Share Tweet LINE コメント

page
top