grape [グレイプ]

ホラー映画の『親切』な告知が話題! 「犬の安否が気になる方へ…」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

さまざまな映画に登場する動物たち。

脇役として登場する彼らは、時に、物語上の事件や事故に巻き込まれ死んでしまいます。

新しいタイプの映画告知が話題!「犬だけは無事です」

ホラー映画やパニック映画が好きな人でも、登場する動物が死んでしまう映画は観たくないという人も多いのだとか。

しかし、登場する動物が生き残れるかどうかは、だいたい本編を見終えるまで分からないものです。

そんな人たちのために用意された、ホラー映画の特別映像が「とても親切だ」と話題になっています。

犬だけは無事です。

「犬だけは無事」という、なんとも不穏な宣伝文句。しかし、愛犬家のホラー好きからすればとてもありがたいネタバレです!

投稿には、さまざまな声が寄せられました。

・よかった…犬が死なないなら観れそうです。

・『犬は無事です』は最高のネタバレ!よかった!

・人間は殺すのに、犬はちゃんと車に乗せてあげてる。観てみようかな…。

この映画は実際にオーストリアで起こった事件をもとにした、R-15指定のホラー映画です。

1983年に公開されたのですが、あまりにも過激な内容のためオーストリアでは公開後1週間で打ち切りに。さらには各国で上映や発売が禁止されていました。

しかし、ホラー映画界では長年評価され続け、ついに2020年7月、日本でもリバイバル上映が決まったのだとか。

ちなみに、実際の事件では被害者家族に猫がいましたが、この映画に猫は出てきません。

つまり、人間以外は死なないということ…。人間以外は…。

特別映像のおかげで優しい雰囲気の映画のように感じますが、観る際には十分覚悟して観ることをおすすめします。


[文・構成/grape編集部]

出典
@angst2020jp

Share Tweet LINE コメント

page
top