grape [グレイプ]

田中みな実「なんとも思わない」 視聴者から「ド正論」「まともな感覚」と称賛

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年9月20日放送の、情報番組『サンデージャポン』(TBS系)に、フリーアナウンサーの田中みな実さんがコメンテーターとして出演しました。

番組冒頭では、菅新内閣の平均年齢が60.4歳であり『おじいちゃん内閣』と呼ばれていることなどについて議論。

その中で、新内閣のうち、女性は上川陽子法務大臣と橋本聖子国務大臣の2人だけということについて、司会を務めるお笑いコンビ『爆笑問題』の田中裕二さんから意見を求められると、田中みな実さんは…。

毎回なんか、女性が少ないだの多いだのってとり上げられるんですけど、それ自体に結構、私は違和感があって。

「同じ女性としてどう思う?」って割と意見を求められるけれども、同じ女性としては別に、特に何も思わない。

女性が多かろうが少なかろうが。

それよりも、こういうコロナ禍においてちゃんと仕事をしてくれる人たち、私たちが安心して政治を任せられる人たちの人事になったんじゃないかなと思って。

私は期待したいと思います。

サンデー・ジャポン ーより引用

新内閣が発表されるごとに注目される、内閣の男女比率。

女性閣僚が少ない菅内閣に対し、「女性のことを真剣に考えてくれるのか不安」「世界から遅れている」などの声が目立つ中、田中みな実さんは「男女の比率は問題ではなく、任せられる人たちが人事になったのでは」と持論を展開しました。

田中みな実さんの意見に、視聴者からはさまざまな意見が寄せられています。

・最近は、『男女の数』で勝負している感じがする。能力で選ぶのが当たり前であって、性別のことばかり気にして選ぶほうが異常だと思うね。

・「大臣を適材適所で任命すべき」っていうのは正論。まともな感覚だと思う。

・有能なら、LGBTの人でも、女装している人でも選んでほしい。そういう意味で、『性別は関係ない』という感覚は正しい。

・能力で選んだのだとしたら、この男女比率には『有能な女性が政界に参入できていない』という証拠だと感じます。そのことが問題なのでは?

田中みな実さんの「性別に関係なく、有能な人が選ばれるべき」というコメントに多くの人が共感しています。

安心して任せられる政治を行ってくれるのかどうか、これからの菅新内閣に期待したいものですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
サンデー・ジャポン

Share Tweet LINE コメント

page
top