grape [グレイプ]

創業大正13年!銀座老舗のハンバーグを缶詰にしたら、それは美味しいに決まってる!

Recommended by grape SHOP

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

老舗の本格ハンバーグが、自宅で簡単に食べられる…しかも、缶詰で

そう聞いて、「え?ハンバーグの缶詰?」と、キョトンとしてしまう人もいるのではないでしょうか。筆者もその1人でした。

その名もズバリ『【銀座吉澤 缶バーグ』。ハンバーグがゴロリと丸ごと缶の中に入った缶詰なのです。

なんともユニークなこの『缶バーグ』は、一体どんな味なのでしょう。とても気になりますね!

老舗の本格ハンバーグを自宅で!銀座・吉澤の『缶バーグ』

創業大正13年、すき焼きやしゃぶしゃぶで有名な銀座の老舗『吉澤』。日本一の和牛の市場・東京食肉市場で、仲卸業も営んでいます。

『吉澤』では、長年の経験で培われた目利きにかなう雌牛(めうし)のみを一頭仕入。お店で扱う肉は、肉質や脂質だけでなく血統、飼育法にまでこだわっているのだとか。まさに肉のプロフェッショナルですね。

こちらのハンバーグを缶詰にしたのが『缶バーグ』。開ければすぐに、『吉澤』の本格ハンバーグを味わえると評判です。

『缶バーグ』の肉には、松坂牛を36%も配合しているといいます。なんてぜい沢!

そのほか、豚肉や野菜などの原料もすべて厳選した国産の食材を使用しています。こだわりのハンバーグ、これは試さずにはいられません!

フタを開ければ名店の味!『缶バーグ』を食べてみた!

『缶バーグ』はデミグラスソースと和風ソースの2種類を楽しめます。

缶の大きさは、ちょうど手のひらに収まるくらい。プルトップなので簡単に開けられるのが嬉しいですね。実際に、それぞれの味を試食してみました!

濃厚なソースが食欲をそそる『缶バーグ』デミグラスソース味

まずは、デミグラスソース味から。缶詰を開けると…。おおお、こんなに大きなハンバーグが入っているとは、嬉しい驚きです!

鼻をくすぐるデミグラスソースの濃厚な香りに、思わずニンマリします。ソースの海にたっぷりと浸かって顔を出しているハンバーグは、表面がつやつやと輝いています。

別の容器に移して温めるだけで、あっと言う間に本格ハンバーグが目の前に!

好みで野菜を添えて、でき上がり。この間、なんと10分もかかっていません。こんなに早くできてしまうなんて…最高です。

切ってみると、肉がぎっしり!やわらかいので、ナイフがすっと通ります。丸々として肉厚なハンバーグですが、キメは細かく、噛めば噛むほどじんわりと広がる濃厚な肉の味!

何より、しっかりした味のデミグラスソースに、ジューシーな肉の風味が負けていないのには驚きました。松阪牛の旨味のおかげでしょうか。これは感動体験です…!


さっぱりとした後引く風味『缶バーグ』和風ソース味

お次は、和風ソース味。和風といえばあっさりしている印象ですが、肉の旨味がこれでもかと詰まったこのハンバーグと、ソースの味がどう絡むのか楽しみです!

缶を開けるとほんのりとした酸味とコクの利いた匂いがふわっと広がります。デミグラスソースより優しめな香りです。

さっと温めて盛り付ければ完成!和風ソースは温めると香りが強くなる印象でした!

とろみのあるデミグラスソースは外からハンバーグを包み込んでいましたが、サラリとした和風ソースは中までしっかりと染み込んでいるようです。

口の中に入れると、予想以上に甘くてジューシー!野菜の味がしっかり出ているのか、甘さと肉の旨味のバランスがとても心地よく、飲み込むのがもったいないほどでした。

存在感はあるのにしつこくない絶妙な味加減のソースが、肉の味をいっそう引き立てます。こんな味が家で楽しめるなんて幸せすぎる…。

デミグラスソースも和風ソースも、どちらも老舗の名にふさわしい絶品ハンバーグでした。やわらかくて食べやすく、子供や高齢者にもおすすめです。

温めるだけですぐに食卓に出せるので、時短にもなるところもポイント!常温で3年間日持ちするので、保存食や贈り物などにもおすすめです。

名店の本格ハンバーグを手軽に自宅で堪能できる『缶バーグ』。やみつきになること間違いなしの味です!ぜひ、試してみてください。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top