grape [グレイプ]

認知症を患った、元バレエダンサー 『白鳥の湖』を聴くと…?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Música para Despertar

記憶力や思考能力などの低下が症状として表れるアルツハイマー病。

アルツハイマー病が進行し重症化した人の中には、自身の生い立ちについても、完全に思い出せなくなることがあるのだそうです。

元バレエダンサーの女性…『白鳥の湖』を聞くと?

アルツハイマー病を患っている、元バレエダンサーの女性の動画が話題となっています。

その女性は、マルタ・C・ゴンザレスさん。スペインの非営利団体である『Música para Despertar』によると、彼女は1960年代にニューヨーク・シティ・バレエでプリマとして活躍していたのだとか。

プリマとは、バレエ団における女性バレエダンサーの最高位を指します。

彼女にヘッドホンでチャイコフスキーの『白鳥の湖』を聞かせると…。

『白鳥の湖』を聴き始めると、目に輝きが戻り、周囲を圧倒させる踊りを見せたのです!

まるで舞台の上で踊っているような、迫真の演技に「涙がでた」「感動した」といった声がたくさん上がっています。

・号泣してしまいました。ほんのひと握りの人しかなれない、『道を極めし者』というのは、こういう人のことなのだろうと思います。

・表情、演技がすごい。舞台の上で踊っている彼女の姿が見えました。怖いくらい美しい。

・引退しても、病を患っても、この人は最期までバレエダンサーなんだろうな。

記憶を失っても、人生をかけて挑んだものは心に宿り続けるのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
Primera Bailarina - Ballet de Nueva York - Años 60 - Música para Despertar

Share Tweet LINE コメント

page
top