grape [グレイプ]

役所広司の若い頃が新鮮…! 現在は渋カッコいい大人の男性に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

俳優として活躍している役所広司(やくしょ・こうじ)さん。

これまで数々のドラマや映画に出演し、日本を代表する俳優としての地位を確立しています。

そんな役所広司さんの若い頃と現在の姿を見比べてみました!

役所広司の若い頃は?

役所広司さんは、役者を目指すきっかけとなった、仲代達矢さん主催の俳優養成所『無名塾』に入所。

そこで俳優としてのスキルを伸ばし、1980年に連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』(NHK)でテレビドラマに初出演しました。

1983年には大河ドラマ『徳川家康』(NHK)で織田信長役に抜擢。同作での演技が高く評価され、『エランドール賞』の新人賞を受賞しています。

その頃の役所広司さんの写真がこちら!

役所広司 1984年

演技力はもちろん、イケメンとしても注目されていたという役所広司さん。現在と変わらない笑顔が素敵ですね。

1988年には映画『アナザーウェイ/D機関情報』で初主演を務め、さらに注目を集めるように。

1996年には映画『Shall we ダンス?』をはじめ、『シャブ極道』と『眠る男』の3つの作品に出演し、数々の映画賞を総なめにしています。

役所広司の現在は?

役所広司さんは2017年10月から12月にかけて放送されたドラマ『陸王』(TBS系)に出演するなど、スクリーンだけでなくテレビでも元気な姿を見せています。

2021年1月現在、インスタグラムなどのSNSを利用していませんが、出演作や共演者のアカウントに登場することも。

若い頃と変わらぬかっこよさにたくさんの『いいね!』が寄せられています。

現在も数多くの作品で主演を務め、第一線を走り続けている役所広司さん。これからも素晴らしい演技でたくさんの人を魅了し続けてほしいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
rikuoh.tbsmasaharu_fukuyama_officialjunkoabe_official

Share Tweet LINE コメント

page
top