バスケの試合、国歌斉唱する歌手が来ない!代役に選ばれたのは警備員!?

出典:YouTube

アメリカのウエストバージニア大学の警備員、カールトン・スミスさん。

彼はこの日、ウエストバージニア大学とカンザス大学のバスケの試合の警備にあたっていました。

しかし、国歌を歌うはずの歌手が吹雪による渋滞にまきこまれてしまったため、国歌斉唱に間に合わないという緊急事態が発生!

そこで急遽ピンチヒッターを頼まれたのがカールトンさん。

18648_01

出典:YouTube

え…ピンチヒッターが警備員?ちょっと緊張している雰囲気ですし、本当に大丈夫なのでしょうか…。

しかし、ライトを浴びた彼が歌い始めると…。

なんて素敵な歌声…。いかつそうな警備員さんがこんな歌声を披露してくれるなんて、いったい誰が思ったでしょう。

観客からもその甘く美しい歌声に、歓声があがります

なんとカールトンさんは、アメリカで超有名な歌のオーディション番組「アメリカン・アイドル」にも出場したことがある実力者。

それを覚えていた試合のスタッフが、今回のピンチヒッターをお願いしたのです。

「国歌斉唱ができる機会なんてそうそうないから、自分とってはすごい大切なものなんだ。だから絶対ミスはできないって思っていた。」と後のインタビューで語っていたカールトンさん。

そんな気負いを微塵も感じさせない素晴らしい歌声のおかげか、バスケの試合も、ウエストバージニア大学が勝利したそうです。もしかしたら、カールトンさんの歌声のおかげだったりするのかも?

出典
Carlton Smith Sings the National Anthem

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop