売れ残った恵方巻が廃棄されている…楽しい節分の裏で広がる、悲しい現実

画像はイメージです

節分の日に食べると縁起がいいと言われる『恵方巻』。その年ごとの方角に向かって、願いごとをしながら無言で食べると願いが叶う、というものです。

19079_01

元は、コンビニエンスストアやスーパーマーケットの販売イベントで徐々に広まったのだそうです。近年の売り上げはなんと、年間約600万本なんだとか。

節分を楽しむ食べ物として人気が出た恵方巻ですが、その裏側では悲しい現実が繰り広げられていました。

売り残った恵方巻の行く先は…ゴミ箱

カゴやゴミ箱に入れられた、大量の恵方巻…。

そう、これは全国のコンビニエンスストアやスーパーマーケットで報告されている『恵方巻の廃棄』の現実なのです。

売れるのを見越して店舗が大量に発注したものの、結局売れなかった恵方巻は『ゴミ』として捨てられてしまいます。

捨てられていく恵方巻を見た人たちは…

「足りないより余るくらいがいい」って考え、やめようよ…

日本は恵まれすぎて、大切な何かを失っている

「売れ残っているのは恵方巻だけじゃない」という声も

コンビニエンスストアやスーパーマーケットから出る食品廃棄は、年間およそ60万トンと言われています。これは、毎日300万人分もの食料を捨てている計算になるそうです。

食べ物に困る人も多く存在するなか、こういった現実があることはとても悲しいですね。

売る側だけではなく、買う側である私たちが知ることで、少しずつ改善していくことを願うばかりです。

出典
@29Masato@daisuke070716@naomichi1996ci1@umanavi_max@eringiice@sanarium@29Masato@ver_miL_lion@daisuke070716@naomichi1996ci1@umanavi_max

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop