「ネットでのいじめを根絶したい」14歳の少女が考え開発したシステムが素晴らしい

14歳の少女とは思えない、堂々たるスピーチを行うのは、トリーシャ・ブラブさん。あるとき彼女は、同年代の女の子がSNSでの中傷に傷つき自殺をしてしまったニュースを知り、強いショックを受けました。

「死ね」「ブス」ネット上で投げつけられる辛辣な言葉。トリーシャさんは、自殺した女の子以外にも、「ネットでのいじめ」に苦しんでいる子どもがいるのかどうか、調べるために立ち上がりました。

数えきれないほどの「ネットいじめ」の現実

そしてトリーシャさんは、数えきれないほど多くの子どもたちがネットでのいじめに苦しみ、命を断っていたことを知ります。

例えば、14歳の誕生日を迎える前に自殺をした女の子。「この世界にお前がいなければいいのに」そんなメッセージが彼女のSNSに書き込まれていました。

12552_02

命を断つほどに苦しめられるメッセージを受け取るその前に、何かできていたら…。亡くなった子どもたちを救えただろうか。トリーシャさんは考えます。

アメリカ国内で52%の若者がネットいじめを経験

アメリカ国内だけで52%の若者がネットいじめを経験していることがわかりました。さらに、その中の38%もの人たちが、自殺願望を抱いているというのです。

12552_06

若者ほどネットいじめに加担しやすい

つづいてトリーシャさんは、年齢と、SNSで中傷的なメッセージを送る行為とに関係があるのかという調査を行いました。その結果、12歳から18歳までの若年層はそれより上の年齢に比べて、40%も「ネットいじめ」となる発言をする意欲が高いことがわかりました。

なぜ若い層ほど、相手を侮辱する発言をしてしまうのか? トリーシャさんはヒントにたどりつきます。

若者の脳は、ブレーキのない車のようなもの

未成年者の脳は未発達で、後ろから前に向かって発達していき、25歳頃に完全に発達します。脳の前方部分は急な決断・判断を担う部分。未成年者は、この部分が未熟な状態というわけです。

12552_05

つまり、何かしようと思ったら、止まらない。思いとどまることができない。

なぜ運営側は対策をとらないのか?

この調査の結果を友人に話したトリーシャさん。友人はこう言います。「運営側は、対策をとっているでしょう?」

確かに、悪質な書き込みを受けた場合、運営に通報したり、相手をブロックしたりする機能は実装されています。しかしそれは、被害者側が行うアクション。中傷行為を受けた後にしか機能しません。なぜ、加害者側を止める対策をとらないのか?

加害者に再考を促すしくみを

「若者の脳はブレーキがない車」このことにヒントを得て、トリーシャさんはあるシステムを開発し、実験を開始しました。

それは、相手を侮辱するような書き込みをしようとした時に「本当に投稿しますか?」というメッセージを表示するしくみ。それは「Rethink」と名付けられました。

12552_04

1500件の実例データを取り、その結果…。

「待って、本当にそんな侮辱的なコメントをするの?」そう確認されたことで、93%の若者が投稿をとりやめました。「ネットいじめ」となる発言をしようとする意欲を、71.1%から4.7%にまでに減少させたのです。

12552_09

「ネットいじめ」は根絶できる

少し考えてみるだけで、ネットのいじめを事前に止めることができる。確信したトリーシャさん。このシステム「Rethink」をもってGoogleサイエンス展覧会に出席し、見事グローバルファイナリストとなりました。

「Rethink」はアメリカ暫定特許権を取得。これを商品化することで、ネットいじめを根絶するためにトリーシャさんは力を尽くしています。

12552_07

自分もまだ14歳という若者でありながら、「ネットいじめ」の現状から目をそらさない、それだけでなく、自分が持てる技術の全てを注力して立ち向かっていくトリーシャさん。彼女の力強さと前向きさ、そして純粋な正義感にただただ、頭が下がるばかりです。

12552_08

私たち大人には、一歩立ち止まって考えることができます。うかつな発言をしてしまっていないかどうか? 投稿ボタンを押す前に考えてみよう、そう思わされます。

彼女の「Rethink」がアメリカだけでなく、全世界に広まり、苦しむ子どもたちが救われることを願ってやみません。

拍手を送りたくなる、スピーチの動画はこちら。(英語の映像です)

出典
Rethink before you type | Trisha Prabhu | TEDxTeen

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop