grape [グレイプ]

ある男性が語る『逆の立場になって考えてほしいこと』 言われてみると、確かに!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の横山了一 (@yokoyama_bancho)さんは、あまり知らない人と話していると、こんなことを思ってしまう時があるそうです。

なるべく、相手の立場になって考えてほしい。

そのきっかけになるのは、知人からの質問や要望。「いつも困る」という、その言葉とは…。

「原稿料や印税って、どのくらいもらえるんですか?」

「俺のネタを漫画に使ってよ!」

一般的に、あまり知らない人に対して「給料、幾らもらってるの?」と聞くことはしません。漫画家からすれば、原稿料や印税がサラリーマンの給料に相当するので、尋ねるのはマナー違反でしょう。

また、「自分のネタを使って」という言葉も、横山さんいわく「会社のプレゼンに自分の企画を使ってほしい」という要望と大差なく、返答に困るのだそうです。

この投稿に納得した人や、横山さんと同じくフリーランスで活躍している人からコメントが集まりました。

・なるほど、うかつに聞いてしまいそうです。考えてみれば、結構失礼なことですね。

・周りに漫画家がいる人は少ないだろうから、興味がわいてつい聞いてしまうのかも。

・僕はデザイナーですが、同じようなことがたくさんあります。

・自営業をやっていますが、似たようなことを聞かれることがあります。正直、答えにくいです。

きっと、質問している人も悪気があったわけではなく、興味から聞いているのでしょう。しかし、反対の立場だったらどうでしょうか…。

相手に興味を持つのは悪いことではありませんが、その興味が行き過ぎて失礼なことを聞いたり、いったりしてしまわないよう気を付けたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@yokoyama_bancho

Share Tweet LINE コメント

page
top