美味しいものを分けてくれるなんて大人は心が広いなぁ 「今ならわかる」

※写真はイメージ

とあるTwitterユーザーが、幼いころのエピソードを投稿しました。

いつも食べ物を分けてくれた、投稿者さんのお母さんの振る舞いが、多くの人の目を涙でうるませています。

必ずお母さんが「食べる?」って分けてくれた

子どものころ、お母さんと何か食べてると、必ずお母さんが「食べる?」って自分の分まで私に分けてくれて。

私はそれを子ども心に「大人すごい…こんなにおいしいのに人に分けるとは…心が広い…私にはできない…」って思ってたんだけど、いま思えば、おいしいからくれたんだな…親心…。

子どものころ、「大人って心が広くてすごい」と感じていた投稿者さん。

ですが自分が大人になって振り返ると、お母さんは「ただ、おいしいから」子どもに分けてくれていたのだと気付きます。

投稿を読んだ人は、共感のコメントを寄せました。

  • とても分かります…お母さんはいつもそうでした。
  • 自分が親になってようやく分かりました。おいしいものを食べることよりも、子どもが喜ぶ顔を見るほうを優先してしまいます。
  • 子どもの時に「大人ってすごい」って感じていた投稿者さんも、すごいですよ。
  • 素敵なお母さん。私にはできるかな…。

大人になると、生まれてくる気持ち

皆さんにも、子どものころの、こんな記憶はありませんか。

例えば、果物を食べている時。甘い部分と、すっぱい部分があったら、母はいつも私に甘い部分を食べさせてくれました。

例えば、菓子パンを食べている時。私が与えられた分を食べ終わってしまうのを見た母は、自分の分をちぎって「このパン、おいしいね。もっと食べる?」と与えてくれました。

「お母さんはいつも、子どもが優先だったなぁ…」

「おいしいものを、大事な人に『おいしい』と思って食べてもらいたい」

大人になると、自然に生まれてくる気持ちなのかもしれません。相手が我が子であれば、なおさらです。

「おいしいお店に行ってきたよ! おすすめだからぜひ行ってみて」

こんなふうに、SNSで自分の体験を友人に共有したくなるのも、そんな気持ちの1つなのかもしれませんね。

※ ご本人のご要望で、Twitterのアカウント名を伏せて掲載しております。


[文・構成/grape編集部]

出典
Twitter

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop