神々しいほどの歌声で『君が代』を歌う、一人の女子高生『野々村彩乃』

2010年に行なわれた第82回選抜高校野球大会の開会式、甲子園球場で1人の少女が国歌「君が代」を独唱した。野々村彩乃さん(当時高校3年生)だ。

小学校の頃から合唱隊などで活躍、中学、高校と輝かしい入選や受賞の記録を持っていた彼女だが、一般にはまだそれほど知られていなかった。そんな彼女が一躍脚光を浴びたのが甲子園での国歌独唱だった。その歌声はきく人々の心を一瞬で捉えて離さない不思議な魅力に溢れ、いまやその動画がYouTubeで公開され海外からも注目されている。現在彼女は、若手最注目のソプラノソリストとして活躍中である。

こちらオーケストラと歌った『ハナミズキ』

気になる方は、彼女のブログやオフィシャルサイトをチェックしてみて欲しい。

出典
開会式ハナミズキ

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop