grape [グレイプ] lifestyle

アイラップ1つで解決 ゆでブロッコリーのあのイライラから解放される方法

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

スープに入れたり、メイン料理の彩りとして添えたり。ゆでるだけで使い回しがきくブロッコリーは、何かと使い勝手のいい野菜です。

そのうえ栄養価も高いので、我が家ではほぼ毎日、食卓に登場します。

ブロッコリーをヘビロテしている筆者ですが、唯一使いづらさを感じているのが、ゆでた後、水につけて冷やすと水っぽくなる点です。

すぐにサラダに使いたい、という時にアツアツ状態のブロッコリーを目の前にすると、日頃の感謝も忘れてついイライラしてしまう自分がいる…そんなプチストレスを、加熱できるポリ袋『アイラップ』が解消してくれました。

アイラップなら、ブロッコリーを『ゆでる(蒸す)』、そしてそのまま『冷やす』ことが、素早く簡単にできてしまいます。今回はその方法をご紹介します。

小房に分けたブロッコリーを洗い、水を切らずにアイラップに入れます。

入れ口は縛らずに耐熱皿に乗せ、お好みの硬さにレンジでチンしましょう。

1房あたり、600Wで3分ほどが目安です。

加熱が終わったら、アイラップに入れたまま、ボウルに入れた水で冷やします。

入れ口から出てくる蒸気で火傷しないよう、気をつけましょう。

あら熱は1分程度で取れますし、水を数回入れ替えれば、サラダに使える程度にまで冷めてくれます。

数分のロスも惜しい夕飯時に、とても助かっている方法です。

同じイライラを感じたことのある方は、ぜひ一度試してみてくださいね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top