grape [グレイプ] trend

『年相応』を気にする孫に、祖母が? いわれた言葉にハッとした

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漫画家の朝日夜(@asahi_yoru9)さんには、年齢を重ね、おばあさんになった時に、「こうでありたい」という理想の自分像があるといます。

それは、年齢にとらわれず、好きな髪色や服を着て出歩くおばあさんになるというもの。

朝日さんがそう考えるのには、祖母の存在が大きく関係していました。

『祖母の話』

大人になるにつれ、人の目や体裁を気にし、知らず知らずのうちに自分自身に制限をかけていた、朝日さん。

しかし、「好きなものを着なさい」といい、いくつになっても我が道を進む祖母を見て、朝日さんは考えを改めます。

いつまでも輝く祖母は、朝日さんの目標でもあり、憧れでもあるのでしょう。

また、「祖母を見習いたい」と語るのは、朝日さんだけではありません。

朝日さんがTwitterに投稿した祖母のエピソードは反響を呼び、「素敵」「自分もこうでありたい」とコメントが寄せられるなど、多くの人にポジティブな影響を与えています。

・こちらの漫画を読んで、元気と勇気をいただきました!

・自分の気分を上げるために、お洒落を楽しみたいって改めて思えました。

・好きなものや好きなことを精一杯楽しんで生きてる人を「いいね」っていってくれるような世の中になれば最高。

もちろん、TPOをわきまえた服装選びや、ふるまいは大切です。

一方で、好きな姿で好きなことを思い切り楽しめる…それもとても素晴らしいことでしょう。

何より、そうすることでもっと自分自身を好きになれるはず。

朝日さんの祖母は、人生を楽しむ上で、大切なことは何かを多くの人に教えてくれました。

朝日夜さんの作品はこちらから

朝日さんが描く漫画『風音先生は飛騨くんがわからない』が、連載中です。気になった人は読んでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@asahi_yoru9

Share Tweet LINE コメント

page
top