「忘れられてるかもしれないけど」認知症のおばあちゃんに孫がしてあげたこと

年々増え続ける高齢者の認知症。高齢者の人口増加と共に、より認知症患者は増えていくと考えられています。

Yちゃん(@kataba333)さんも認知症のおばあさんと関わる1人。Twitterに1枚の画像を投稿し、見る人たちの心を温めました。

何歳になっても女の子

ある日、投稿者さんは化粧っ気のないおばあさんを見て、あることを思い付きます。

それは、おばあさんの爪にマニキュアを塗って、綺麗にしてあげること

顔は鏡がないと見ることはできませんが、手ならいつでも見ることができます。ふとした時に見つめる手が綺麗だったら…それだけで嬉しい気持ちになりそうです。

実際におばあさんに施してあげたマニキュアがこちらです。

歳を重ねて刻まれたシワと白い肌が、自然な色合いのマニキュアと相まって、綺麗に仕上がっています。

いくつになっても女の子。マニキュアを塗られた手を見て、おばあさんはとても喜んでくれたそうです。

心の温まる投稿者さんの対応に、優しいコメントがあふれていました。

  • とっても素敵です。お孫さんの心も、おばあちゃんの指先も!
  • 僕も入院中の父親の爪を磨いてます。爪がピカピカだと「健康になったんじゃ?」って本人が錯覚してくれると期待してます。
  • 自分もおばあちゃんにしてあげられればよかったな。
  • 介護しなきゃと気張らず、認知症の女性の心を刺激できて、触れ合いもある。会話にもなるし、肌のふれあいは安心につながるのでとてもいいと思います。

「もしかしたら、孫としての自分は忘れられているかもしれない」と心配している投稿者さん。

認知症では、いくら関わりを持っても覚えてもらえず、「本人も介護する側もつらい思いをする」という話をよく聞きます。

それでも「おばあちゃん専属のネイリストとして関わっていこう」と心を決めるのは、簡単なことではなかったはずです。

その優しい気持ちは、絶対におばあさんに伝わっています。大変なことはたくさんあるでしょうが、このままおばあさんとの触れ合いを続けていってほしいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@kataba333

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop