grape [グレイプ] hobby

『アンパンマン』の台本に山寺宏一が焦った理由 「爆笑するわ」「腹が痛い」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

高い演技力と声の使い分けでいろいろな作品に出演している、声優の山寺宏一さん。

長寿キッズアニメ『それいけ!アンパンマン』(日本テレビ系)では、ジャムおじさんやチーズをはじめ、多くのキャラを演じ分けています。

2021年10月25日、山寺さんが『アンパンマン』の台本を撮影し、Twitterに投稿。写っている文章が話題になりました。

山寺宏一が焦った『アンパンマン』の台本

いつものように『アンパンマン』の台本をチェックしていた山寺さんは、ある『ト書き』にビックリしたといいます。

ト書きとは、台本や脚本にセリフ以外の指定を記載したもの。主に場面についての説明や、セリフについての心情の補足で使用されます。

問題のページは、山寺さんが演じるジャムおじさんの会話シーン。そこには、このような指示が書かれていたのです。

山寺さんが驚いたのは「英語で話すジャムおじさん」というト書き。

これでは「また新しいのを焼くからね」というセリフのシーンを、英語で話す必要があることになってしまいます!

『声優界の生きるレジェンド』と呼ばれる山寺さんも、突然英語で演じることを要求されては動揺してしまうでしょう。

実際は「笑顔で話す」の誤字だったそうで、山寺さんは胸をなでおろしたそうです…。

突然グローバル化したジャムおじさんに、多くの人から笑い声が上がりました。

・急にジャムおじさんがペラペラと英語で話し始めたら爆笑するわ。

・「山寺さんなら普通にできそう」と思ってしまった…。

・想像したら笑いすぎて腹が痛い!この誤字はツボった。

「ぜひ見てみたい」という、山寺さんを困らせそうな要望が相次いだ、台本のミス。

さすがのレジェンドも、プレッシャーを感じてしまったかもしれません…!


[文・構成/grape編集部]

出典
@yamachanoha

Share Tweet LINE コメント

page
top