grape [グレイプ]

玄田哲章の代表作は? 大塚明夫・神谷明との関係が「気になる」の声

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

声優、ナレーター、舞台俳優として活躍中の、玄田哲章(げんだてっしょう)さん。

大人の渋みと重厚感のある低い声質で、アニメ作品においては脇を固める重要キャラクターを演じる声優として欠かせない存在です。

また、洋画の吹き替えでは、アーノルド・シュワルツェネッガーを本人公認の『持ち役』として担当。多くの映画作品に出演しました。

玄田哲章さんの代表作や、同じく男性声優の大塚明夫さん、神谷明さんとの関係など、気になる情報をお伝えします。

玄田哲章の代表作といえば?

玄田哲章 2019年、再び海坊主を演じる

玄田哲章さんが声の出演をしたアニメ作品で、近年でもファンが多いのは『シティーハンター』シリーズの海坊主(伊集院隼人 / ファルコン)役でしょう。

『シティーハンター』は1985~1991年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載されていた、北条司さん原作のアクションコメディ漫画。

1987年にTVアニメ化され、その後も劇場版など、多数のシリーズ作品が制作されました。

TVアニメのスタートから20年以上が経過した2019年2月には、新作映画『劇場版シティーハンター ~新宿プライベートアイズ~』が公開されます。玄田哲章さん演じる海坊主を始め、キャラクターの声優に変更がなかったことで、往年のファンを歓喜させました。

玄田哲章出演『劇場版シティーハンター ~新宿プライベートアイズ~』予告

アニメ作品ではほかに、『ハイスクール!奇面組』冷越豪役、『魔神英雄伝ワタル』龍神丸役、『クレヨンしんちゃん』アクション仮面役など、存在感のある脇役を多数務めています。

また、2017年に放送された『笑ゥせぇるすまんNEW』では、以前のアニメ版で喪黒福造役を務めていた声優の故・大平透さんの意向で、役を引き継ぎました。

玄田哲章はアーノルド・シュワルツェネッガー公認声優!

玄田哲章さんは、多数の洋画に吹き替えで出演。中でも、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガーの役は『持ち役(専属声優)』として、出演作品のほぼ全てを担当しています。

2015年7月に公開された映画『ターミネーター: 新起動/ジェニシス』のジャパンプレミア舞台挨拶に、来日したシュワちゃんが玄田哲章さんと共に登場。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 2015年

玄田哲章さんが初めてアーノルド・シュワルツェネッガー出演作に声をあてたのは、1982年公開の映画『コナン・ザ・グレート』。日本では、1985年に映画番組『水曜ロードショー』(テレビ朝日系)で放送されました。

玄田哲章さんがシュワちゃんと対面したのは、声の担当を始め、30年が経ってから初のこと。

玄田哲章さんは「初めてお会いできて嬉しい!」と大感激した様子でした。シュワちゃんは、「どんな人が私の声を演じているのか気になっていた」「私の声を100年演じてほしい」とコメント。玄田哲章さんは、シュワちゃん公認の専属声優となりました。

玄田哲章と大塚明夫の声は似ている?

玄田哲章さんと、声優・大塚明夫さんの声が比較されることがたびたびあります。

2人とも落ち着いた大人の男性を演じることが多いのが要因でしょう。

また、スティーヴン・セガールの吹き替えを過去に玄田哲章さんが担当したことがあります。現在では、大塚明夫さんが専属として演じていることも、比較される理由なのかもしれません。

ちなみに、大塚明夫さんはツイッターで玄田哲章さんの誕生日を祝ったことが。プライベートでも親しい間柄のようです。

玄田哲章と神谷明の関係は

大塚明夫さんのように、玄田哲章さんとの関連で名前が挙がることが多いのが、声優の神谷明さん。

神谷明さんはアニメ『シティーハンター』で冴羽リョウを演じていることから、玄田哲章さんとの共演の印象が強いのでしょう。

アニメ『ポプテピピック』第4話でも玄田哲章さんと神谷明さんが共演しています。

『ポプテピピック』は、メインキャラクターの『ポプ子』と『ピピ美』を、毎話Aパート・Bパートでそれぞれ違う声優が演じて話題になった作品です。

Aパートでは女性声優が、Bパートでは男性声優が『ポプ子』と『ピピ美』を担当。『ポプテピピック』第4話では、『ポプ子』を玄田哲章さんが、『ピピ美』を神谷明さんが演じています。

見た目は少女のキャラクターに渋い声の玄田哲章さんが声をあて、視聴者は大受け。放送時、「冴羽リョウと海坊主の掛け合いじゃないか!」とネット上が沸き返りました。

玄田哲章の名前がアニメ『銀魂』に登場した理由

アニメ『銀魂』に玄田哲章さんの名前が出た際、ネット上で「なぜ?」の声が上がりました。

2013年1月17日放送の第258話で、二人羽織で将軍のフリをすることになった主人公の銀時。将軍らしくないと指摘され、「玄田哲章さんでも呼んでこいやっ!」というセリフを口にしたのです。

「銀時を演じる、声優の杉田智和さんのアドリブでは…?」と疑問の声もありましたが、これは原作の漫画通りのセリフ。

『銀魂』をきっかけに、玄田哲章さんの名前を知った人も多いかもしれません。

ちなみに、玄田哲章さんは『銀魂』に屁怒絽役として声の出演もしています。

玄田哲章はオーディオブックでも活躍!

「聴く本」として各社から配信サービスが提供されている『オーディオブック』。

玄田哲章さんは、オーディオブックにナレーターとして出演しています。

玄田哲章さんの役どころといえば、筋肉隆々な男性が多い印象。オーディオブックでも「マッチョ社長」と呼ばれる著述家・Testosteroneさんの書籍を朗読しています。

筋トレの素晴らしさを発信しているTestosteroneさんのTwitterアカウントは、68万人以上のフォロワーを持つほどの人気。

『筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法』は、Testosteroneさんの「名言」とも呼べる数々のツイートを再編した書籍です。

玄田哲章さんの朗読によって、筋肉への愛が芽生えてしまうかもしれません!

玄田哲章プロフィール

生年月日:1948年5月20日
出身地:岡山県
趣味・特技:日舞、モダンダンス
所属事務所:81プロデュース

玄田哲章 主な出演作

【アニメ】

・『ドカベン』岩鬼正美 役
・『ハイスクール!奇面組』冷越豪 役
・『Dr.スランプ アラレちゃん』スッパマン 役
・『シティーハンター』シリーズ、『エンジェル・ハート』 海坊主 役
・『魔神英雄伝ワタル』シリーズ 龍神丸 役
・『クレヨンしんちゃん』アクション仮面 役
・『笑ゥせぇるすまんNEW』喪黒福造 役
・『幼女戦記』ルーデンドルフ 役
・『銀河英雄伝説』カール・グスタフ・ケンプ 役

【吹き替え】

・アーノルド・シュワルツェネッガー(持ち役)
・シルベスター・スタローン(持ち役)
・『トランスフォーマー』シリーズ オプティマス・プライム 役
・『ブラックパンサー』ズリ(フォレスト・ウィテカー)役
・『くまのプーさん』ティガー 役
・『コマンドー(製作30周年記念日本語吹替新録版)』ジョン・メイトリクス大佐 役
・『バットマン』シリーズ (バットマン / ブルース・ウェイン)役

玄田哲章 主な受賞歴

・2009年『第4回声優アワード』功労賞


[文・構成/grape編集部]

出典
@akiootsuka81プロデュース「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」本予告CM(30秒ver.) | 2019年2月8日(金)全国ロードショーaudiobook.jp

Share Tweet LINE

page
top