grape [グレイプ] trend

お店が忙しくなってくると…? バイト先の店長の口癖に「尊敬する」「見習いたい」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

日常生活の中で、ネガティブな感情を抱いた時に、ストレスをため込んだり、周りの人を巻き込んだりしないようにするため、さまざまな工夫をしている人は多いでしょう。

しかし、どうしてもうまくいかないという時もあるはず。そんな時に「上手に自分をコントロールできたら」と考えたことはありませんか。

わかめ(@senseiwakame)さんがTwitterに投稿した、あるエピソードを紹介します。

バイト先の店長の口癖に「尊敬する」「見習いたい」

わかめさんが飲食店でアルバイトをしていた頃、どんな状況でも機嫌がよく、ユーモアがある店長がいたそうです。

店長は、お店が忙しくなってくると「盛り上がってきたね」といい、ピンチの時は「面白いことが起きたわ」と笑っていました。

誰しも、仕事が忙しくてついイライラしてしまったり、失敗をして落ち込んでしまったりすることはあるでしょう。

しかし店長は、スタッフにネガティブな様子を見せず、常にポジティブな言葉を発していたのだとか。

どんな状況でも機嫌がいい人と接すると、接した人の気持ちも明るくなるもの。

そのため店長は、多くの人に好かれ、自然と周りに人が集まってくるような存在だったといいます。

そんな店長を見て、わかめさんは「自分の機嫌を自分でとれる人でいたい」と感じたのだそうです。

「自分で自分の機嫌をとる」というのは、自身の感情と向き合って、上手にネガティブな気持ちを解消していくということ。

店長は、常に前向きな言葉で自分自身を鼓舞することで、ピンチを乗り越えようとしていたのでしょう。

自分をコントロールしながらも、他人にポジティブな影響を与えられる、素晴らしい方法ですね!

わかめさんが投稿したツイートには、21万以上の『いいね』が寄せられました。

コメントでは、さまざまな声が上がっています。

・尊敬する。これが常にできる人はすごいし、見習いたい。

・私もバイトをしていた時代、そういう人がいて何度も心を救われた。

・「自分の機嫌は自分でとる」本当にこれ重要。ずっと機嫌の悪い人には近寄りたくないもの。

・私も忙しいとイライラしたりすることもある…。自分の感情は自分でコントロールして、楽しく仕事をやっていこう!

・言葉を少し変えるだけで、気持ちも変わりますよね。意識してみます。

店長の姿勢を「見習いたい」と感じた人も多いはず。

ネガティブな感情になった時は、店長のようにポジティブな発想に変換して、乗り越えようとしてみるのもいいかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@senseiwakame

Share Tweet LINE コメント

page
top