grape [グレイプ]

毎日カフェに来る『認知症のおばあさん』 切なくも温かなエピソードが胸を打つ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

10年ほど前の出来事をInsatgramに投稿している、ぶちねこなみ(buchinekonami)さん。

当時、新卒でカフェの『雇われ店長』として働いていたぶちねこさんは、過酷な日々を送っていました。

しかし、時には心動かされる『出会い』もあったといいます。

ぶちねこさんが「1番描きたかった」という、あるおばあさんのエピソードをご紹介します。

『あるおばあちゃんの話』

認知症のため、1日に何度もカフェに足を運んでしまうおばあさん。

夫がすでに他界していることを忘れ、いつも夫のためにパンを購入していたのです。

認知症の症状が出ている時だけでなく、記憶がハッキリしている時も、おばあさんは夫のことを想い続けていました。

そんなおばあさんのことを、周囲の人々はとても愛していたそうです。

出典
buchinekonami

Share Tweet LINE コメント

page
top