grape [グレイプ] society

大谷翔平も「Respect」 チェコ代表の振る舞いに称賛の嵐 「最高のチーム」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

野球の世界大会『ワールド・ベースボール・クラシック(通称:WBC)』で、日本代表の『侍ジャパン』とチェコ代表の対戦が、2023年3月11日に行われました。

結果は、10対2で『侍ジャパン』の勝利。1次ラウンド突破に大手をかけました。

『侍ジャパン』の勝利はもちろん、チェコ代表の選手たちの振る舞いにも、称賛の声が上がっているのです。

チェコ代表の行動に、大谷翔平「リスペクト」

まず、チェコ代表選手の行動が注目されたのは、試合中の4回表。

佐々木朗希投手の豪速球が、ウィリー・エスカラ選手のヒザを直撃しました。

死球を受けたエスカラ選手は、バッターボックスの外でしばらく悶絶した後に立ち上がり、自力で一塁へ。

その後、ファールゾーンを走って無事をアピールするなどし、スタンドを沸かせました。

試合が終了した後は、チェコ代表の選手全員がベンチからフィールドへ姿を現し、応援してくれたチェコのファンだけでなく、日本のファンや『侍ジャパン』のベンチへ向かって拍手を贈ったのです。

これだけではありません。試合後、チェコ野球協会のTwitterアカウントは、次のように日本代表を称えています。

世界一の日本との対戦で得た教訓。最高に楽しめた。現オリンピックチャンピオンと戦うのはとても楽しい

@BaseballCzech ーより引用(和訳)

チェコ代表の一連の対応に、日本代表の大谷翔平選手も感銘を受けた様子。

試合後、Instagramのストーリーズ機能にチェコ代表が拍手をする姿を公開し、チェコの国旗マークとともに「Respect」とメッセージを投稿していました。

一連のチェコ代表の振る舞いは、Twitterのトレンドに『チェコの選手』が一時トレンドしたほどに、人々から称賛の声が上がっています。

・試合後のチェコの選手たちが、日本代表とドームの観客に向けて拍手した姿が素晴らしかったです。

・チェコ代表の選手たち、最高のチームだった!ありがとう!

・日本代表との試合を見ていて、チェコの選手も応援したくなった。

・気合いと品格を感じる素晴らしい試合だった。どっちも最後までかっこよかったよ~!

日本でこんなにも反響を集めたのは、チェコ代表の選手たちがスポーツマンシップに則り、気持ちのよい試合を行ってくれたからこそ。

終始温かい空気に包まれた試合は、『侍ジャパン』の活力になったことでしょう。

今後のWBCの試合では、どんなドラマが待ち受けているのか、期待が高まりますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@BaseballCzech

Share Tweet LINE コメント

page
top