grape [グレイプ] lifestyle

ベルトの穴開け代用品7選! きれいに穴を開ける方法や注意点も解説

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

※写真はイメージ

「買ったベルトのサイズが合わないけど、お店に出すのは面倒」「予定が迫っているから、とにかく穴を開けられる道具が知りたい!」とお悩みの人はいるのではないでしょうか。

確かにお店に頼めば、プロの手できれいに穴を開けてくれます。それでも、労力や時間をかけない方法を取るなら、身近にある道具で代用したいものです。ただ、思い付くまま道具を選ぶと、想像以上に手間がかかるかもしれません。手軽に穴を開けるために代用品を使うのに、労力や時間はかけたくないですよね。

そこで、本記事では『ベルトの穴開けに使える代用アイテム7選』を紹介します。お家にあるさまざまな代用品を紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

ベルトにきれいな穴を開けるならポンチが正解

ペンチを使ってベルトに穴を開けている写真

結論、ベルトにきれいな穴を開けるならポンチを使うのが正解です。革製品に穴を開けられる専用工具なので、もっとも手軽できれいに仕上がります。もし見た目にこだわるなら、ポンチを使いましょう。

とはいえ「そもそも穴開けポンチとは」と疑問な人も多いはず。そこで、まずは穴開けポンチについて分かりやすく解説します。簡単な作業手順も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

穴開けポンチとは

穴開けポンチとは、皮や厚い布地にきれいな穴を開けられる、側面に穴の空いた先端が円すい状の工具のことです。

穴開けポンチなら力を使わず、女性でも手軽にきれいな穴を開けられます。同様の商品に、持ち手を握って穴を開ける『穴開けパンチ(ハトメパンチ)』や『スクリューポンチ』もあります。開ける場所と穴の大きささえ間違えなければ、誰でも既製品と同じようなベルト穴を開けられますよ。

穴開けポンチの使い方

続いては、よりきれいなベルト穴を開けるため、穴開けポンチの使い方を紹介します。

実は穴開けポンチ本体だけでなく、いくつか道具を用意する必要があります。必要な道具は以下の通りです。

  • 既成の穴と同じ直径の穴開けポンチ
  • ハンマー
  • 下敷き
  • 定規
  • 目立たない色やあとで消せるペン

道具が用意できたら、作業に移ります。まずは等間隔な穴を開けるため、穴を開ける位置を定規で測り、ペンで印をつけます。目印を書いたら下敷きを敷き、目印に合わせて穴開けポンチを持ちましょう。注意点は、ベルトに対して垂直に持つこと、ズレないようにしっかり握ることです。

しっかり握ったらトンカチでポンチの頭を叩き、穴を開けます。あまり力を入れなくても穴は開くので、軽く何度か叩いてみましょう。

ベルトの穴開けに使える代用アイテム7選

ベルトに穴を開けている写真

さて、ベルトにきれいな穴を開けるには、穴開けポンチがベストと紹介しました。しかし、穴開けポンチはどのご家庭にもある道具ではありません。また、わざわざ買いに行く時間がない人や、手間をかけたくない人も多いはず。

そこで、穴開けポンチがない場合も使える、身の回りにある代用アイテムを7つ紹介します。

  1. キリとドライバー
  2. ハサミ
  3. アイスピック
  4. 釘・ネジと金づち
  5. ボールペン
  6. 千枚通し(目打ち)
  7. 彫刻刀と金づち

それぞれ道具の使い方やベルトへの穴開け難易度が異なるので、1つずつ解説しましょう。

キリとドライバー

穴を開ける工具としてまず思い浮かぶのは、木工道具のキリですよね。ただし、キリは非常に細いので、大きな穴は開けられません。そこで活躍するのが、ドライバーです。まずはキリで小さな穴をあけ、空けた穴にドライバーを刺して穴を広げることで、大きな穴を開けられます。

一方、ドライバーをねじ込んで無理やり穴を開けるので、見た目は少々悪いです。緊急事態の際に仕方なく穴を開けるには有効ですが、きれいな穴を開けたい人にはおすすめできません。

ハサミ

誰の家にもある道具として、ハサミが挙げられます。ただ、ハサミは穴を開ける道具ではないため、革製品に穴を開ける難易度は高いです。

穴を開けたい場所にハサミを当てグリグリとひねることで、薄皮のベルトなら貫通させることは可能です。一方で、穴の大きさがハサミの厚さと同じサイズになるため、かなり不恰好な見た目になります。また、穴を開けるのに時間がかかり、生地を痛めてしまう可能性も。自宅にハサミ以外の代用品があれば、別の工具を優先しましょう。

アイスピック

アイスピックは、氷を小さく砕いたり形を整えたりする道具です。バーでカクテルやロックを作る際に使われています。硬い氷を砕く際に使用する道具のため、先端は鋭利で穴を開けるにはもってこいな道具です。

まずは穴を開けたい場所にアイスピックを当て、ハンマーなどで頭を叩いて小さな穴を数か所作ります。コツは事前に開ける位置に円を描き、円の縁に沿って穴を開けることです。アイスピックで穴を開けたら、ドライバーでくり抜き穴を繋げましょう。

比較的きれいな仕上がりになりますが、円を描くように穴を開けるなど、ほかの代用品と比べ時間は必要です。「急いでいるから、とにかく早く穴を開けられればいい!」という人は、別の代用品を使用しましょう。

釘・ネジと金づち

先端の尖った釘やネジと金づちでも、ベルトに穴を開けられます。ベルトの穴のサイズに丁度よいサイズの釘・ネジがあるとは限らないので、直径の大きさに応じて穴の開け方を変えてみましょう。

直径3.5~5mm程度の太い釘やネジなら、金づちで叩いて貫通させるだけでベルト穴を開けられます。もし細いものしかない場合はアイスピックと同様、円形に数か所穴を開けドライバーでくり抜いて開ける方法が有効ですよ。

ボールペン

アイスピックやキリのような穴開け工具がない場合は、薄皮のベルトならボールペンで穴を開ける方法もあります。

方法はとてもシンプル。穴を開けたい場所にペンを立てて、グリグリとひねることで穴を開けられます。ベルトの厚さによっては穴が開かない場合もあるので、カッターやハサミで切れ込みを入れると穴を開けやすくなりますよ。

ただし、ボールペンはもちろん穴を開ける道具ではありません。ベルトを貫通するには時間と労力が必要で、その割にペン先程度のサイズしか穴を開けられないデメリットも。またペンのインクがベルトに付着するため、見た目も不恰好になります。ボールペンを使用するのは、最終手段にしましょう。

千枚通し(目打ち)

千枚通しはキリとは異なり先端が円すい状になっており、製本の際に綴じ紐を通す穴を開ける際に使われます。

千枚通しでベルト穴を開けるにはキリやアイスピックと同様、小さな穴を開けてドライバーでくり抜く方法がおすすめです。キリと比べ先端が鋭利なので、ベルトに穴を開けるのには向いている道具といえます。

注意点は最終的にドライバーで穴を開ける形になり、ベルトを傷つけてしまう可能性があることです。特に大事なベルトには使用しないほうがいいでしょう。

彫刻刀と金づち

木工で使う彫刻刀と金づちでも、ベルトに穴を開けられます。

方法は次の通り。穴を開ける場所にペンで丸を描き、円に沿うよう彫刻刀を当てて金づちで頭を叩くとくり抜けます。先端が平らな平刀や先端が尖った丸ニードルの場合は、アイスピックや千枚通しと同じように、複数か所穴を開けてドライバーでくり抜く方法も。

一方、少しでもズレると不恰好な穴になったり、ベルトに傷が付いてしまいます。なので、テクニックが求められる方法といえます。

ベルトの穴あけポンチが買える場所

ベルトの穴あけポンチの写真

ここまでベルトの穴開けに使える代用品を紹介してきました。最初にお伝えした通り、もっともきれいで手軽に穴を開けるには穴開けポンチが必要です。

ただ、買ったことない人にとっては「どこに売ってるの」と疑問な人もいるはず。実は、意外と身の回りのお店で売っています。ベルトの穴開けポンチが買える場所を紹介します。

100円ショップならセリアで買える

穴開けポンチは、以前ダイソーなどさまざまな100円ショップで買えました。2023年8月時点ではセリアで販売されています。穴のサイズも2.5mm〜7mmまで対応しているため、さまざまな大きさのベルト穴に対応可能。価格はもちろん100円と、とてもお財布に優しいのもポイントです。

一方、売り切れていて数店舗回ったという声も複数あるようです。二度手間にならないよう、事前に最寄りの店舗へ在庫確認したほうがいいでしょう。

ホームセンターや手工芸専門店にも

100円ショップより在庫がある可能性が高いのは、ホームセンターやユザワヤなどの手工芸専門店です。どちらも工具の専門店なので、穴開けポンチの在庫数や品ぞろえの種類は豊富だといえます。

ホームセンターなら工具売り場、ユザワヤなら工芸エリアに売っているので、お近くの店舗で探してみてください。ハンマーで叩く穴開けポンチは500円程度、ペンチ式の穴開けパンチ(ハトメパンチ)やスクリューパンチは2〜3千円で販売されています。お財布と相談しながら、ベストな工具を購入してみましょう。

身近に店がなければネットショッピングが便利

もし身近にお店や在庫がない場合は、ネットショッピングで注文するのがおすすめです。アマゾンや楽天では、さまざまな種類の穴開けポンチが販売されています。

ネットショッピングのメリットは、実店舗より穴のサイズや工具の種類が豊富にそろっていること。一方デメリットは、実際工具を手に取って見られないことです。事前に穴のサイズを測っておくなど、穴のサイズには注意しましょう。

代用品でベルトの穴開けする際の注意点

ベルトの写真

ベルトの穴開けをする際には、いくつか注意すべき点があります。注意点を知らずに作業をすると、ベルトや周りの家具を壊してしまうかもしれません。

そこで、家でベルトの穴あけをする際に気をつけるべき点を3つ紹介します。どれも大切なので、1つずつ確認していきましょう。

机を傷つけないよう厚い雑誌やダンボールを敷く

穴開けポンチは先端が鋭利なので、必ず下敷きを敷きましょう。下敷きを敷くことで、机や床の傷を防止できます。

下敷きにおすすめなのは、厚い雑誌やダンボール、カッターマットなどです。特にカッターマットのような滑り止め機能のある下敷きなら、叩く際にズレにくくなるのでおすすめです。大切な家具や家を守るためにも、作業の際には必ず下敷きを敷きましょう。

穴の間隔を測って印をつける

穴開けの際には、定規で測り穴を開ける場所にペンで印をするのがおすすめです。なぜなら、長さを測らず適当な場所に穴を開けると、ベルト穴の間隔が均等にならず不恰好になるからです。

なので、きれいに穴を開けたい場合は事前に等間隔になるように、定規で測って目印をつけましょう。

また、後で目立たないよう、ベルトと似た色のペンやチャコペンなどを使うのがおすすめです。

ベルトの素材によって自分で穴を開けないほうがよい場合も

ベルトの素材に応じて、自分で穴を開けてよいかお店に任せたほうがよいか分かれます。素材を気にせず穴を開けると、大切なベルトを傷つけてしまうかもしれません。そこで、自分で穴開けできる素材と、お店に任せたほうがいい素材を紹介しましょう。

  • 自分で穴開けできる素材:エナメル、スエード、サドルレザー、ブライドルレザーなど
  • お店に任せたほうがいい素材:牛革、クロコダイル、パイソン、オーストリッチ、ナイロン

基本的には、合皮のベルトなら自分で開けられる場合が多いです。逆に本革は厚いため、自分では開けられないことも。また本革は高価なので、大切なベルトはプロに相談したほうがよいでしょう。

ベルトの穴開けは身近なアイテムで代用可能!きれいに開けたいならポンチを使おう

ベルトを作っている写真

ベルトにきれいな穴を開けたいなら、穴開けポンチを使うかお店でプロに任せるのがベストです。それでも急いでいる時や道具を買うことが面倒な場合は、今回紹介した代用品で穴を開けましょう。

ただし穴開けポンチと比べ、代用品はどうしてもベルトの見た目が悪くなります。また、本来ベルトの穴開けに使用する工具ではないため、ベルトに傷が入る可能性も。高価なものや大切なものは、代用品で穴を開けず穴開けポンチを使用するか、お店に依頼するのがおすすめです。


[文・構成/grape編集部]

Share Post LINE はてな コメント

page
top