grape [グレイプ]

【赤ちゃんの心肺蘇生法】気を付けて、大人とはやり方が違う!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

熊本地震の発生を機に、防災の意識を高めている方も多いかと思います。いざというときの救命方法もおぼえておきたいですよね。

意外と知られていないのが、赤ちゃんの心肺蘇生法。体が小さい赤ちゃんの心肺蘇生法は大人とは少し異なります。緊急時に役立ててください。

まず、赤ちゃんに声をかけながら足の裏を刺激し、反応があるか、呼吸をしているかを確認してください。

20472_01

出典:YouTube

20472_02

出典:YouTube

反応がない場合は硬い床に赤ちゃんを寝かせます。

次に、赤ちゃんの胸が見えるように衣服を開け、両手で赤ちゃんの胸を包み込むようにします。

20472_03

出典:YouTube

押す位置は、乳首と乳首を結ぶ線の指1本下です。そこを4cm沈むくらいの深さで30回深く指の腹で押します。

その際、手を離さず、胸が元の位置に戻ることを意識します。

1分あたり少なくとも100回のテンポ。30回押した後、2回の人工呼吸をします。

20472_04

出典:YouTube

人工呼吸は、赤ちゃんの顎を上げ、呼吸がしやすいような体位をとります。

赤ちゃんの口と鼻を救助者の口で覆い、空気が漏れないようにしてください。

息を吹き込んだ時に、胸が上がるかどうか見ます。

20472_05

出典:YouTube

これを1クールとし、反応が出るまで手を止めずに繰り返します。

蘇生法で大切なのは、押した後すぐに人工呼吸をすることです。

緊急時はパニックになって、正しい対処ができないこともあると思います。ですが、そういう時こそ落ち着いて、冷静に行動できるようにしたいですね。

出典
赤ちゃんの「心肺蘇生法」について

Share Tweet LINE コメント

page
top