grape [グレイプ]

がんで余命宣告を受けた愛犬 飼い主は、15年前に撮った写真を取り出すと…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:imgur

30歳の男性、ゴードン・ドラクロワさんと、愛犬バーディは最高のパートナー。15年前に出会ってから、2人はどこへ行くにも、なにをするにも一緒でした。

そんなある日、彼は動物病院で医師に驚くべき事実を告げられます。

「バーディは、がんです。残念ですが、先は長くないでしょう」

今は元気でも、半年後には歩くことすらできなくなっているかもしれない…医師にそう言われ、ゴードンさんと家族は悲しみに暮れました。

そんなある日、初めてバーディと出会った15年前、そして5年前に撮影した写真を眺めていたゴードンさん。ベルギーにある祖母の家で撮影した2枚の写真を見て、こんなことを思い付いたのです。

21761_01

出典:imgur

21761_02

出典:imgur

「昔撮影したこの写真と同じ構図で、もう一度写真を撮ろう!」

祖母に連絡し理由を話すと、彼はバーディを連れてベルギーへと向かいました。

15年前とまったく同じ場所、構図、服…。唯一異なるのは、ゴードンさんとバーディが見違えるほど成長したことでしょうか。

21761_03

出典:imgur

撮影された写真に映しだされていたのは、あの頃と同じ2人の笑顔。バーディの余命を宣告されて以来毎日落ち込んでいたゴードンさんも、笑顔を浮かべています。

ゴードンさんは、この写真を撮影した時の心境についてこうコメントしました。

「バーディの死について考えることは、本当につらかった。
でも、僕たち家族はバーディとたくさんの幸せな思い出を作ることができました。僕はバーディと人生を歩むことができて、とても嬉しかったです」

バーディの寿命を憂えるより、残りの生活で素敵な思い出を作ることにしたゴードンさん。この決断によって家族に笑顔が増え、バーディも嬉しかったのではないでしょうか。

そしてバーディも、15年もの間心から愛してくれたゴードンさんに出会えてよかった、と思っていることでしょう。

出典
imgur

Share Tweet LINE コメント

page
top