grape [グレイプ]

「最悪なメロディーだ」名指揮者が誕生日ソングを改変… 今年からはこれ歌う?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

ハンガリー出身で数々の名盤を世に出した名指揮者、イヴァン・フィッシャーは前から気に入らない曲がありました。

それはズバリ「ハッピーバースデートゥーユー」。アメリカ発祥の、世界各国で歌わている名曲です。しかしマエストロは「メロディーが酷いんだよ」とご立腹。ピアノの前に座り、その理由を説明します。

「Happy Birthday TO You の "TO" でなぜメロディーが上がるんだ。強調する必要はないではないか。」

23612_02

出典:Facebook

「3回めの Happy Birthday でいきなりオクターブ上がる。これではうまく歌えない!まあ、実際多くの人がここでつまづくしね。」

23612_04

出典:Facebook

そこで彼が『改変』した「Happy Birthday」がこちら。コードは変わっていないものの、メロディーは見違えるものになりました。

マエストロの歌唱力はさておき、メロディーを改変するほど誕生日ソングがお嫌いなのですね(笑)彼の指摘はごもっともですが、慣れ親しんだ曲なので、改変版を浸透させるのは至難の技かもしれません。

出典
Facebook

Share Tweet LINE コメント

page
top