grape [グレイプ]

殺処分寸前に保護された猫、感謝のキス「救ってくれて、ありがとニャン!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Facebook

保健所では、里親を待つ動物たちが多数存在しています。しかし、収容されている動物の多さゆえ、なかなか新しい家族が決まらない子もいるのが現状です。

猫のヘンリーも、その中の1匹。長い間、狭い檻の中で新しい家族との出会いを待っていました。

しかし、次第に収容する動物が増え、保健所はつらい判断を下します。

「ヘンリーを、殺処分しよう…」

このままでは檻がいっぱいになってしまい、他の動物が保護できなくなってしまう…。そんな状況下での、苦渋の決断でした。

殺処分寸前に、命を救われた猫・ヘンリー

なんとかヘンリーに生き延びてほしいと思った保健所は、藁にもすがる思いで動物保護団体に『猫を1匹、代わりに保護してほしい』と呼びかけます。

しかし、なかなか返事はきません。刻々と、ヘンリーを殺処分する時間が迫ってきていました。

そんな中、保健所に車が到着

いよいよ、殺処分まであと数時間…というところで、保健所に1台の車が到着しました。車から降りてきた女性・アデルさんは、保健所の職員にこう告げます。

「猫を、保護しに来ました!」

保護を申し出たのは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州で活動している保護団体『Cat Rescue Newcastl』。保健所の呼びかけを知り、駆け付けたそうです。

アデルさんはヘンリーを車に乗せると、ケージから出してあげました。今まで狭い檻で生活していたヘンリーに、足を伸ばしてもらいたかったからです。

すると、ケージから出てきたヘンリーは、女性にこんな行動をとったのです!

嬉しそうな顔で女性に近寄ったヘンリーは、頬ずりをしたり、キスをしたり…!まるで「ありがとう」と言うかのように感謝の気持ちを表しました。

言葉は通じなくても、ヘンリーは命の危機を察していたのかもしれません。そして、アデルさんが助けてくれたことも…。

保護団体の元に行ったヘンリーは、新しい家族と出会うことができました。それも、里親が見つかるまでそう時間はかからなかったそうです。

あと数時間で、殺処分されていたかもしれなかったヘンリー。しかし、今は新しい家族に「シンバ」という名前をもらい、毎日幸せに暮らしています。

尊い命が助かって、本当によかったです。これからは、太陽の下を駆け回って生きていってね!

出典
Death-Row Cat Is Rescued & Thanks RescuerThe Animal Rescue Site

Share Tweet LINE コメント

page
top