grape [グレイプ]

子猫が欲しかったのに、引き取ったのは気難しい20歳の猫 里親には幸せが

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:YouTube

アメリカのユタ州に住むジルさん一家では大きな4匹の犬を飼っています。2014年のある日、5歳の息子JJくんがどうしても猫が飼いたいと言い出したため、ジルさんは地元のシェルターに行くことにしました。

最初は子猫を引き取る予定だったというジルさん。しかし、そんな彼女の目に留まったのは20歳の年老いた猫、デクスターでした。

26258_01

出典:YouTube

毛は抜け落ち、歯がない老猫のデクスターを見た瞬間、ジルさんはこの猫には家族が必要だと強く感じたと言います。そしてデクスターはジルさん一家の家族となりました。

まずデクスターの親友になったのは猫が欲しいと言っていたJJくん。2人は出会った瞬間に特別な絆が生まれたそうです。

26258_02

出典:YouTube

4匹の犬たちが突然やってきたデクスターをどんなふうに受け入れてくれるか心配だったというジルさん。しかしその心配は無用でした。

デクスターは犬たちともすぐに打ち解け、あっという間に家族の中心的な存在になっていったのです。

26258_03

出典:YouTube

デクスターはジルさん一家の一員になってから2年間生きました。シェルターから引き取られた時は抜け落ちていた毛も再び生えてきて、体重も増えて見た目にも美しい猫に変わっていったと言います。

またジルさんの家族からたくさんの愛情を受けて、気難しかった表情も柔らかくなっていきました。

26258_04

出典:YouTube

そして2016年10月、デクスターは天国へと旅立ちました。悲しみに包まれたジルさん一家はデクスターとの思い出を集めたビデオを作り、YouTubeに投稿しました。

年老いた猫の余生を幸せなものにしてあげたい。そんな思いでデクスターの里親になったジルさんでしたが、実際は彼からたくさんのことを教わったということです。きっとデクスターにはみんなの心を開かせる特別な何かがあったのでしょうね。

出典
Dexter's farewell

Share Tweet LINE コメント

page
top