grape [グレイプ]

お父さんが倒れた! 3歳の男の子がとっさの機転でヨーグルトを食べさせる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

イギリスに住む34歳のマークさんは糖尿病を患っています。毎日4回のインシュリン接種をしなくてはならない彼はある日、自宅のキッチンで低血糖状態になり、そのまま倒れてしまったのです。

倒れた父を発見した3歳の息子は

その時自宅にいたのはマークさんの3歳の息子、レニーくんだけ。

レニーくんは床に倒れたまま動かないお父さんを見て、とっさに彼が愛用している小さなイスを取りに行き、それを持って冷蔵庫へ。イスの上に乗って冷蔵庫のドアを開け、中からヨーグルトを取り出しました。

そして近くにあったプラスチックのナイフでヨーグルトのパッケージを開けて、スプーンでお父さんの口へ運んだのです。

26960_02

※写真はイメージです

レニーくんが砂糖入りのヨーグルトを食べさせたおかげでマークさんの意識は回復。危険な状態から脱することができました。

その後、帰宅したマークさんの妻エマさんに向かってレニーくんは笑顔で「ぼく、パパを助けたよ。」と言ったのだそう。それを聞いたレニーくんのお母さんはとても驚いたと言います。

なぜなら、これまで一度も彼に父親の病気のことや、万が一の時の対応などについて話したことはなかったからです。

26960_01

※写真はイメージです

以前、お父さんが気分がすぐれない時にお母さんがヨーグルトを食べさせていたのを見ていたのではないか。エマさんは、レニー君の行動について推測しています。

倒れたまま動かないお父さんを見てパニックになることもなく、機転を利かせてお父さんを助けたレニーくん。本当によくやったね!

出典
THE SUN

Share Tweet LINE コメント

page
top