grape [グレイプ]

「子どもが好きになったらどうしよう」 上戸彩が『宇宙一嫌い』なもの

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

提供:産経新聞社

女優の上戸彩さんが2017年4月11日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『ザ! 世界仰天ニュース』に出演。

「宇宙一嫌い」というモノの存在について明かしました。

その生物がさかんに出現する夏も大嫌い

番組では「この世の中でものすごく怖いもの」というトークテーマになり、話を振られた上戸さん。

上戸さんは「宇宙一嫌い」と前置きして、その苦手なものついて語りました。

その嫌いなものというのが…。

セミ

だそうです!

虫の中でも、ゴキブリやムカデが嫌いという人はよく聞きます。上戸さんの意外な回答にスタジオからは「え~!」という声が上がっていました。

セミといえば、夏の風物詩としても知られていますが、そのセミの影響もあって、なんと夏も大嫌いとのこと。

少女時代の苦い思い出が影響

上戸がセミを嫌いになった背景には、少女時代の苦い思い出があるようです。

小学校6年生か中学生になったぐらいのころ、オーバーオールの中にセミが入り、中でバタバタと暴れ回ってしまったのです!

上戸さんはその時、家の外を猛ダッシュ!そのうちセミは服から出ていったそうです。確かにトラウマになるかもしれない出来事です。

これを聞いたMCの中居正広さんは「お子さんがセミを好きになる可能性もあるのでは」と尋ねます。すると、上戸さんは「どうしましょう」と、真剣に悩んでいました。

ちなみにもう1人のMCである笑福亭鶴瓶さんは蛾(ガ)が嫌い。「蛾なんて…何のためにおるの!?アイツら」と、こちらも本気のトーンで嫌がっていました。

  • 私もセミは苦手かもしれない。
  • 確かにそんな経験してたら、嫌いになるよね。
  • 自分も全く同じ経験をしたことがあるから共感できる。
  • 昆虫は苦手な人が多いですよね。
  • 気持ちは分かるけど、ちょっと可哀想な気もするな。

上戸さんのお子さんは現在2歳。中居さんのいうように、そのうちセミに関心を持つ日が来るかもしれません。

セミは少し騒がしいくらいで、人間に害を与えているわけではありません。何かの拍子で、セミ嫌いが克服できるといいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
ザ! 世界仰天ニュース

Share Tweet LINE コメント

page
top