ある図書館に起きた『優しい奇跡』 「52年も経ってしまいましたが」

誰でも自由に利用することができる公共図書館。

本を借りることはもちろん、ゆっくりと読書をしたり、勉強をしたり、利用方法はさまざまでしょう。

ある公共図書館に起きた、優しい奇跡が話題になっています。

1通の手紙 「遅くなってごめんなさい」

奇跡が起きたのは、アメリカのウエストハートフォード公立図書館。

朝、いつものように出勤してきた図書館司書が、返却ボックスの中に入っていた『あるモノ』を見て、とても驚いてしまったといいます。

返却ボックスの中に入っていたものがこちら。

今朝、この本を返却ボックスに入れてくれた人はどなたでしょうか…誰であれ、深く感謝します!

「とても時間がかかりましたが、本をお返しします。あまりに長い間、借りたままでいてごめんなさい」

そんな手紙と共に返却された本は、なんと1965年9月29日までに返さなくてはならなかった本でした。

本を返してくれたあなた、本当にありがとうございました!

West Hartford Libraries ーより引用(和訳)

1965年…つまり、実際に返却された2017年の6月からさかのぼると、約52年前に返却される予定のものだったというのだから、驚きです。

図書館で起きた出来事に、多くの人が温かい拍手を送りました。

  • この本に興味がわいた。読んでみたいかも!
  • 素敵な話だなぁ…。
  • しまった、自分も借りっぱなしの本がある。ちゃんと返します。

数日後、話題となった本は、図書館内にある郷土史コーナーへ展示されることになったのだそう。実際に飾られている様子がこちらです。

52年ぶりに戻ってきた本は、その珍しさで多くの利用者を楽しませたことでしょう。

本に限らず、モノを借りてからあまりに長い月日が経ってしまうと、返しづらくなり、ついそのまま放置してしまうことはありますよね。

期限は守るにこしたことはありませんが、一生返却されない本や、紛失してしまう本も数多くある中で、返却した利用者さんは、勇気があったといえるかもしれません。

何より、長く延滞していた利用者に対し、温かい声かけをする図書館の対応が素敵な出来事でした。


[文・構成/grape編集部]

出典
West Hartford Libraries

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop