夫の腕の中で、空へ旅立ったおばあちゃん 納骨の時、おじいちゃんは墓前でこういった

漫画家の1日1鶏(@KOKEKKOKO_)さんが描いた、2本の漫画。

可愛らしいタッチで描かれているのは、いまは亡き、大好きなおじいちゃんとおばあちゃんの話でした。

『おばあちゃんの最高の旅立ち』

1本目は、おばあちゃんの『旅立ち』を描いた作品。

93歳だったおばあちゃんが迎えた、最期の瞬間…それは、世界で1番大好きな、おじいちゃんの腕の中だったそうです。

「ばぁさんや!まだ迎えに来るな!
オラぁ、まだやりてぇことがあるでな!」

お墓に入ったおばあちゃんに向けて、元気よくそういったおじいちゃん。

その言葉には「心配しなくても大丈夫だぞ!」という気持ちも込められていたのかもしれません。

最愛の夫の腕の中で人生を終え、頼もしい言葉を聞くことができたおばあちゃんは、安心して空に旅立つことができたことでしょう。

おばあちゃんが旅立ってから数年後、おじいちゃんは

出典
@KOKEKKOKO_

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop