grape [グレイプ]

左腕の先を失った我が子 父親が全力をかけて作った義手に、感動の反応!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Ben Ryan

自分の子どもが、身体の機能の1部を失ってしまったら、親は悲しみに暮れるでしょう。

しかし、中には、自力で子どもを助けようとする親も。

子どもが快適な生活を送れるよう、義手作りに全精力を注ぐ父親がいました。

義手を世界に届ける父親

イギリスに住む、ベン・ライアンさんは2児の父親です。

長男のソルくんは、大変な難産でした。

そのため左腕が圧迫されてしまい、生まれると同時に、手術をしなければならないことが分かります。悲しいことに、10日後には左腕の1部を失ってしまいました。

赤ちゃん用の義手はないため、ソルくんは左腕の先がない状態で過ごすほかありません。

しかし、ウェールズ大学で発達心理学を専攻していたライアンさんは、どうしてもソルくんに「義手を作ってあげたい」と考えました。

人の成長について詳しく知っているライアンさんなら、義手を装着するトレーニングは、適切なスピードで行えるはず。

けれども、理想的な義手を作る知識や技術は、まったく持っていませんでした。

そこで、ライアンさんは、YouTube動画を見て、義手や、データから立体的な造形を印刷できる『3Dプリンター』についての知識などを、学び始めます。

義手をソルくんが装着するまでをご紹介していきます。

型を取る

ソルくんの腕の型を取って、ピタッと装着できる義手を製作します。

神妙な面持ちのソルくん。

「自分のため」ということが分かっているのか、とても協力的だったそうです。

義手を見せてみる

試行錯誤して、やっとライアンさんの努力の結晶が完成!

ソルくんは、義手を気に入ってくれるでしょうか…。

中をのぞいたり、あてがってみたり…どうやらソルくんは気に入ってくれたようです。

義手を使ってみる

次に、左腕に装着して、使ってみてもらいましょう。

「左腕を使う」という感覚が、ソルくんに分かるのか試してみると…驚いたように反応しています!

ライアンさんの顔を見るのが、たまらないですね!

努力が報われた瞬間、ライアンさんは喜びに震えたことでしょう。

「赤ちゃんでも義手は使える」「必要な道具だ」と確信したライアンさんは、ソルくんの成長に合わせて、次々と新たな義手を作っていきました。

世界の子どもたちを助けたい

専門家の協力を得て、ついには子どもが装着できる義手を製作する会社を設立!赤ちゃんから付けられる義手を、世界中の子どもたちに届けています。

自分の子どもを助けるために付けた知識や、人脈が、ほかの子たちの助けになる。

ソルくんは、ライアンさんのお手製の義手を、いつまでも誇りに思うことでしょう。

ライアンさんは、自身の会社『Ambionics』設立までの道のりをまとめています。興味がある人は、ぜひ動画もご覧ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
AmbionicsBen Ryanambionic_boy

Share Tweet LINE コメント

page
top