「1000回シェアされたら出頭します」 指名手配犯が警察に挑戦した結果?

指名手配された容疑者は、周囲から身を隠し、逃げ回るもの。

そんな価値観をくつがえすような出来事が、海外で起こったのだそうです。

指名手配犯からの挑戦!?

アメリカのミシガン州にあるレッドフォードで、複数の軽犯罪容疑により指名手配されていた、マイケル・ザイデル容疑者。

Facebookで自身を『シャンパン・トリノ』と名乗っていたマイケル容疑者は、警察に向け次のような挑戦状を送りました。

あなたたちがこの出来事をFacebookに投稿し、1000回シェアされたなら、私は1ダースのドーナツを片手に、出頭します。

さらに、あなたたちの管轄内である、すべての公立学校周辺のゴミ拾いをします。

Redford Township Police Department ーより引用(和訳)

挑戦状を読んだレッドフォード警察署は、マイケル容疑者への返事を公式Facebookに投稿しました。

あなたの挑戦、受けて立ちます!

シャンパン・トリノさんは、私たち警察がFacebookでこの投稿を1000回共有することができたら、出頭してくれると約束しました。

さらには、公立学校周辺のゴミ拾いをし、1ダースのドーナツを持ってきてくれるそうです。

ドーナツ!彼はドーナツが好きなんですね。

この投稿を目にしたみなさん、私たちのチャレンジにぜひ協力をお願いします!

Redford Township Police Department ーより引用(和訳)

なんと、警察は挑戦状を受けることにしたのです!

呼びかけをしてからたったの数日間で、集まったシェア数は4000回以上に!マイケル容疑者の提示していた1000回という数字を、大きく上回る結果となりました。

この結果を受け、後日マイケル容疑者は、素直に警察署へ出頭してきたといいます。

約束通り、1ダースのドーナツに、ベーグルまで付けて…。

珍しくもゆかいな一連の出来事に、多くの人がコメントを寄せました。

・こんなことって、なかなかないよね!この結末は素晴らしい。

・容疑者に「約束を守る機会」を与えた警察に、拍手を送りたい。

・こんな風に約束を守れる彼なら、しっかり罪をつぐなって、新しい人生を歩めそうだな。

海外ならではともいえる、ユーモア満載の逮捕劇。きっと、多くの人に驚きと笑いを届けたことでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典
Redford Township Police Department

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop