まるで自然界の宝石みたい! 真冬の植物を撮影したら氷の芸術が

強い寒波や大雪など、厳しい寒さが続いている2018年の冬。しかし、少し視点を変えると美しい世界が広がっているようです。

写真家のKAGAYA(@KAGAYA_11949)さんが、以前アイスランドに出かけた際に、時が止まったかのような神秘的な場面に出くわしました。

まるで宝石のような、美しい氷の芸術をご覧ください!

水滴がそのまま凍り付いてしまったのか、茎の部分には無数の雫が氷になってぶら下がっています。

周りの植物もほぼ同じように凍り付いているため、当日はかなり寒かったのでしょう。

幻想的な氷の雫に、多くのコメントが寄せられました。

・氷の稲穂が垂れ下がっているみたいで、綺麗ですね。

・自然界の宝石みたい。風に吹かれるとシャラシャラと音が鳴りそう。

・まるで五線譜の上の音符みたいに見えます。

ただ綺麗なだけでなく、温かみも感じる冬の一場面を切り取った写真。時を忘れて、いつまでもじっくりと眺めたくなってしまいますね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@KAGAYA_11949

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop