grape [グレイプ]

ゴリラがエサを手にした瞬間? 飼育員「普通じゃない」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

SF映画の金字塔として高い人気を誇る、映画『猿の惑星』シリーズ。

猿が支配する社会で、人間が奴隷のように扱われるというストーリーは、1968年の公開直後、世界に衝撃を与えました。

しかし近い将来、『猿の惑星』の世界が現実のものになるかもしれません…。

一般的ではない光景

ご紹介するのは、アメリカ・ペンシルベニア州にあるフィラデルフィア動物園で撮影された動画。

動物園の人気者、ゴリラのルイスくんをとらえた動画は、飼育員ですら「普通ではない」と語るものでした…。

ゴリラは、二足歩行をすることもありますが、一般的ではありません。

しかし、ゴリラのルイスは、手にエサを持っている時や地面が泥だらけの時など、頻繁に二足歩行を見せるんです(だって、手が汚れませんからね!)。

@phillyzoo ーより引用(和訳)

偶然ではなく、ルイスくんの場合は「手を汚したくない」という理由があって二足歩行をするのだとつづる飼育員。颯爽と歩くルイスくんの姿は、ほぼ人間です。

・彼に服を着せてあげるべき。あと、『猿の惑星』の主人公の猿と同じ『シーザー』に名前を変えたほうがいいと思う。

・ゴリラはこれから、もっと進化していくだろう。

・「汚したくない」とか、思考が完全に人間と同じじゃないか。

知能が高いことで知られるゴリラ。ルイスくんが人間のように振る舞うのは、人間の存在が身近に感じられる動物園で生活していることも関係しているのでしょう。

しかし、このまま人間の文化に慣れていってしまったとしたら…。

ルイスくんが、私たち人間と同じレベルの知能を身につける日は、近いのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
@phillyzoo

Share Tweet LINE コメント

page
top