grape [グレイプ]

柳沢慎吾の日本一長い『始球式』が2年ぶりに復活!1人で7役をこなす大作に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

タレントの柳沢慎吾さんによる、日本一長い『なかなか投げない始球式』が2年ぶりに復活!

2018年3月31日に行われた『OPENING SERIES 2018』にて、ピッチャー、応援団、実況アナウンサー、主審、甲子園のサイレン、ウグイス嬢、大会役員の7役をこなしました。

設定は、春の選抜高校野球選手権大会の神奈川の横浜高校 VS 東京代表早稲田実業の9回ウラ。

12分を超えるノーカット版始球式をご覧ください!

なんと始球式で、閉会式まで演じてしまった柳沢さん。

2016年よりも、約3分も長い始球式となりました。

『なかなか投げない始球式』を見て、このようなコメントが寄せられていました。

・去年はこれがなくて、物足りなかった。

・これで試合が6分遅れましたが、楽しめました。

・2年ぶりのパフォーマンス、すごく楽しませていただきました。

・ベテランですけど、しっかり感謝の気持ちをもってお辞儀していて好感が持てます。

2年ぶりに復活した柳沢さんの『なかなか投げない始球式』。来年もまたクオリティの高い始球式を楽しみに待っています!


[文・構成/grape編集部]

出典
OPENING SERIES 2018 柳沢慎吾さん始球式

Share Tweet LINE コメント

page
top