grape [グレイプ]

W杯の試合を観戦していた消防士たちの行動 「やばい」「すごい」と称賛の嵐

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

ワールドカップで初となる決勝進出を決めたクロアチア代表。

格上のイングランド代表相手に勝利を収め、史上初となる優勝に向かって猛進する姿に、クロアチアサポーターの熱気は頂点に達しています。

しかし、国民の多くがワールドカップの観戦に夢中になっている間も、TVから離れ、働き続ける人たちがいました。

それは、消防士のみなさんです…!!

消防署からの忠告

日本時間、2018年7月8日に行われた、クロアチアとロシアの準々決勝。

クロアチアのザグレブの消防士たちも、署内のTVの前で母国クロアチア代表を応援していました。

しかし、ベスト4進出をかけたPK戦という、ここ1番のタイミングで、出動要請が…!!

なんという切り替えの早さでしょうか。

出動要請から、消防士たちが消防車に乗り込むまでにかかった時間は、約16秒。彼らの切り替えの早さと、素早さに、驚かずにはいられません。

この動画が撮影された消防署は、その後、こんなコメントをつけて動画を投稿。

今日の準決勝で花火を使う時は、慎重に。私たちが出動するはめになります。

Vatrogasna postrojba Zagreb ーより引用(和訳)

サッカー熱が高いクロアチアでは、試合に興奮したサポーターが、暴動化することがしばしあります。

ワールドカップという大舞台で躍進を続けるクロアチア代表を前に、サポーターたちも興奮し、街中でお祝いの花火をあげる人もいるのだそうです。

消防署からのコメントは、そうした一部のサポーターに向けたものなのでしょう。

「試合が気になる消防士たちのためにも、出動せざるを得ないような危険な火遊びはしないでね」という意味なのかもしれません。

ジョークを交えた消防署の投稿に、動画を見た人たちも反応。「ただただ感心した」「すげぇー!」「いい意味で、やばい」と、すぐに出動する消防士たちに称賛の声が寄せられました。

なお、決勝戦となるクロアチア代表とフランス代表の試合は、日本時間、7月16日の午前0時にキックオフの予定。

今回、試合を見逃した署員たちが、今度こそ最後まで試合の行方を見守れるよう、祈るばかりですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
vatrogascizagreb

Share Tweet LINE