grape [グレイプ]

真矢ミキ「普通が1番」 ブログにつづった言葉の意味を知り、涙

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

女優の真矢ミキさんが、2018年11月8日にブログを更新。

同年10月に他界した母親について、自身の本音を明かしました。

真矢ミキ「もっと語り、もっと寄り添いたかった」

真矢さんの母親は、生前『認知症』をわずらっていました。真矢さんは、そのことに関して8月にブログを投稿。

子どもの視点から「親に忘れ去られる悲しみや苦悩」をつづった内容は、多くの人々の共感を呼びました。

10月末に心不全で亡くなった母親について、沈黙を守り続けていた真矢さん。約1か月半ぶりとなるブログ記事に、初めて母親を偲ぶ言葉をつづりました。

今年で米寿とはいえ、もっと生きていて欲しかったのは本音

もっと語り

もっと寄り添いたかった

でも、これが母の運命なのだと、今私は自分に言い聞かせています

真矢ミキ オフィシャルブログ ーより引用

真矢さんは自らの心に「運命だった」といい聞かせ、母親を失った悲しみを乗り越えようとしています。

さらに、生前の母親が認知症をわずらいながらも「何度か自分を思い出してくれる日もあった」と振り返り、身内の認知症と向き合う人たちに向けて、寄り添うような言葉でエールを送りました。

あれから何度か、

あらっ、みき!

みき…どうしたの仕事は?

と私をしっかり思い出してくれる日もあったんですよ

不思議ですね

まるで何もなかったように、自然と母に戻るのです

嬉しかったな…

だから、同じ思いをされてる方も、悲しまないでくださいね

真矢ミキ オフィシャルブログ ーより引用

真矢さんはブログの最後に、母親に教えられた「普通が1番」という言葉について言及。「何があっても、いつもと変わらぬ生活に戻れる強さが大切なのかも」と述べ、次のような思いを語ったのです。

勿論、思い出せば、蛇口をひねるように涙の量は半端ないのだけど…

母の魔法の言葉

普通が一番

善き時も悪しき時も、普通に戻る精神を持ちなさいという事なのか

やっと、なんとなくわかったような気がする。

真矢ミキ オフィシャルブログ ーより引用

真矢さんのブログに対し、さまざまな応援や哀悼のコメントが寄せられています。

・「普通が1番」という言葉が心にしみました。素敵なお母様でしたね。

・身内を亡くした時の気持ちを思い出して、涙が出ました。

・ご冥福をお祈りいたします。時間をかけて、ゆっくりと自分の心を癒してください。

身内や大切な人を失う悲しみは、はかり知れません。多くの人に訪れる、乗り越えなくてはならない人生の試練ともいえるでしょう。

真摯な言葉でつづられた真矢さんのブログは、多くの人々の心を揺さぶりました。


[文・構成/grape編集部]

出典
真矢ミキ オフィシャルブログ

Share Tweet LINE