grape [グレイプ]

CGじゃないなんて、想像できる? 『メリー・ポピンズ リターンズ』の舞台裏がすごい

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

1965年に公開されたミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の、54年ぶりの続編となる『メリー・ポピンズ リターンズ』。

「ディズニー史上、最高のハッピーを」というキャッチコピー通り、メリー・ポピンズの華やかでクラシックな魔法もパワーアップしています。

美しい魔法の世界を表現するには、現代の進化した撮影技術は必要不可欠。

しかし、予告編にも登場するあるシーンは、意外にもCGを使わずに撮影されていました。

エミリー・ブラントの女優魂がすごい!!

ネット上で話題となっているのが、予告編の1分34秒あたりに映る、お風呂場のシーン。

エミリー・ブラント演じるメリー・ポピンズが、後ろ向きでバスタブの中に飛び込むシーンは、CGを使わずに撮影されていました。

このシーンは、滑り台を後ろ向きで滑っているようなもの。想像しただけで、恐怖と不安感でいっぱいになりそうです。

事実、エミリー・ブラント本人も「撮影するまでは怖かった」とインタビューで答えていたほど。

しかし、いざカメラが回ると、笑顔でやり通してしまう姿に女優魂を感じます!

【ネット上の反応】

・これ、実写だったんだ!装置を作った人、すごいな。

・CGじゃないなんて、ウソだろ!まさに「想像できる?」って感じだね。

・このシーンの裏側を知って、メリー・ポピンズがもっと好きになった。

また、あえてCGを使わないからこそ「リアルさが増して、より本物の魔法のように見える」との声も。

エミリー・ブラントの女優としての根性と、作品の世界観に対するリスペクト、そして舞台裏を支えるスタッフたちの努力の結晶が合わさった名シーンといえますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
「メリー・ポピンズ リターンズ」本予告編"Magic Bathtub" Featurette | Mary Poppins Returns

Share Tweet LINE コメント

page
top