grape [グレイプ]

『羊たちの沈黙』から約30年 レクター博士役のプライベートに衝撃走る

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:anthonyhopkins

映画『羊たちの沈黙』のレクター博士役で世界中を恐怖の底に突き落とした、名優アンソニー・ホプキンス。

あまりにもレクター博士がハマり役だったためか、アンソニー・ホプキンス自身にも、どこか近付きにくい不穏なオーラを感じてしまいます。

…しかし!

実際は、その逆。プライベートのアンソニー・ホプキンスは、大の猫好きとして有名なのです。

事実、彼のInstagramには新作の告知に関する投稿だけでなく、愛猫のニブロと写った写真などが多数公開されています。

ニブロを前にしたアンソニー・ホプキンスの表情といったら…その幸せそうな笑顔に、きっとあなたも癒されるはずですよ。

中でも、ファンをキュンキュンさせたのは、2020年2月9日に投稿された1本の動画。

カメラの前でアンソニー・ホプキンスは、ニブロに対して「みんなに『おはよう』っていってごらん」と語りかけます。

しかし当のニブロは、知らんぷり。カメラを見ることもなく、去っていってしまいました。

その後、アンソニー・ホプキンスが見せた行動にご注目ください。

View this post on Instagram

Niblo wishes everyone a lovely day...

A post shared by Anthony Hopkins (@anthonyhopkins) on

「彼はうんざりしてるみたいだ」と残念そうな表情を見せたものの、直後、うれしそうに笑うアンソニー・ホプキンス。その様子は、まるで孫を自慢したくてたまらないおじいさんのようです!

【ネットの声】

・ヤバイ。アンソニー・ホプキンスの猫への眼差しが優しすぎる。

・アンソニー・ホプキンスさんの飼い猫になりたい。

・ニブロ、めちゃめちゃ美猫!

プライベートで猫を溺愛する姿に、親近感を覚えるとともに、優しく猫を見つめるアンソニー・ホプキンスの姿は見ているだけで癒されます。

それにしても、大御所俳優に対してもそっけなく、それどころか『猫の奴隷』と変えてしまうニブロは、まさに魔性の猫ですね!

きっと世界中のアンソニー・ホプキンスファンが「ニブロになりたい…」と感じていることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
anthonyhopkins

Share Tweet LINE コメント

page
top