grape [グレイプ]

ありがとうGoogle ストリートビューで自宅を見たら、写っていたものに爆笑

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Madelyn Rotella

インターネットで地図が見られたり、目的地までの行きかたを検索できたりする『Googleマップ』。町並みの写真が見られる『ストリートビュー』や、航空写真が見られる『Earthモード』など多彩な機能が利用できる便利なサービスです。

カナダに住むマデリンさんは、Googleが「彼女の自宅のストリートビューの写真を更新した」という知らせを聞き、早速確認してみることにしました。

そして写っていたものを見て、思わず大笑いしたのだそう。

その写真がこちらです。

Googleが私の犬のプライバシーの保護にとても真剣に取り組んでいることがわかって嬉しいわ。

Madelyn Rotella ーより引用(和訳)

ストリートビューの写真に写り込んでいたのは、マデリンさんの愛犬のレジェンド!

Googleは、ちゃんとレジェンドの顔にぼかしをかけてくれていたのです。

Googleマップのストリートビューの写真には、偶然その場にいた人や車のナンバーなどが写ってしまうことがあります。その際には肖像権を侵害しないため、自動認識プログラムでぼかしを入れているということです。

マデリンさんがこの写真をFacebookに投稿すると、たくさんの人たちが大爆笑!

ウェブメディア『The Dodo』によると、レジェンドは長いリードでつながれていて広い範囲を動き回れるため、よく家の前庭で過ごしているのだとか。

いつものようにレジェンドが前庭にいた時に、ちょうどストリートビューの撮影車が通ったのですね。

インターネット上で公開される情報は不特定多数の人に見られるため、プライバシーの保護は重要なことです。

マデリンさんは大笑いしたそうですが、中には自宅の住所とペットの写真を特定されたくない人もいるかもしれません。

レジェンドのプライバシーをしっかりと守ってくれたGoogleは、正しいことをしたといえるでしょうね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Madelyn RotellaThe Dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top