grape [グレイプ]

古文に訳して、AKB48『恋チュン』を歌った結果? もはや別物に

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2013年にリリースされ、大ヒットを記録したAKB48の『恋するフォーチューンクッキー』。

『恋チュン』の愛称で親しまれ、これまでにさまざまな企業や団体による『歌ってみた動画』が公開されてきました。

しかし、このパターンは恋チュン史上初ではないでしょうか…。

恋するフォーチューンクッキー 古文ver.

恋チュンの歌詞を古文に訳して歌ってみた動画を公開したのは、石敢當(いしがんとう)の名前で音楽活動を行う、後藤紘明さん。

『恋チュン平安歌人VerをFULLで詠わんとした』とタイトルが付けられた1曲を、早速お聴きください。

タイトルでもある「恋するフォーチューンクッキー」が「恋ひたる辻占煎餅(つじうらせんべい)」になり、「未来はそんな悪くないよ」が「行く末さほどわろくあらじ」になるなど、歌詞がカオス!

もはや別物と化した恋チュン古文バージョンは、一度聴いたら忘れられない歌詞の宝庫です。

【ネットの声】

・発想がすばらしい。

・声もすごくいいし、聴いていて飽きない!

・古文の勉強になる。

ほかにも「Yeah!Yeah!Yeah!」を「あ!は!れ!」と訳した歌詞がツボに入ったという人も。

苦手科目にあげられることも多い古文。学生時代にこの曲を知っていれば、もっと楽しみながら古文を勉強できたかもしれません…!


[文・構成/grape編集部]

出典
【石敢當】恋チュン平安歌人VerをFULLで詠わんとした【恋ひたる辻占煎餅】

Share Tweet LINE コメント

page
top