grape [グレイプ]

駅で目にした、変わったトイレ その正体に「広まってほしい」「初めて知った!」の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

目が見えない人や耳が聴こえない人など、心身に障害がある人を支えてくれる、介助犬。

数々の訓練を受けているため、介助犬はユーザーが繰り出す指示を正確に読み取ることができます。

※写真はイメージ

介助犬はユーザーの身体の一部であると同時に、共に生活を送る大切なパートナーでもあるのです。

駅で目にした『介助犬トイレ』が話題に!

埼玉県さいたま市にある、さいたま新都心駅で撮影された2枚の写真が、Twitterで話題になっています。

投稿したのは、マメきな(@kinachan1104)さん。さいたま新都心駅を訪れた投稿者さんは、駅構内で見慣れない部屋を目にしました。

なんと、介助犬のトイレ!

さいたま新都心駅の介助犬トイレは、2019年4月に改札の内側で導入されました。

中にはシャワー付きの洗い場があり、多機能トイレに隣接しています。

ユーザーは介助犬と共に合同訓練を受け、お互いのことを理解し合っています。

そのため、ユーザーは「介助犬がいつ排出をするか」「排出したい時はどんなサインを出すか」などをしっかりと把握し、排泄をガマンさせないようにしています。

こういった設備が建物の中にあることで、ユーザーはさらに介助犬の排泄管理がしやすくなることでしょう。

投稿は拡散され、多くの人から「こんなトイレがあるなんて知らなかった!」「もっと増えてほしい」といった声が相次ぎました。

・この投稿で初めて介助犬トイレを知りました!もっと広まってほしいですね!

・使いやすそうだし、ユーザーさんと介助犬どちらにも優しい設備だと思う。

・きっと介助犬も、緊急時の排泄があるよね。日本全国に増えてほしい!

介助犬トイレは、成田空港や羽田空港、福岡空港などにも設置されています。

今後、さらに設置場所が増えていくといいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@kinachan1104

Share Tweet LINE コメント

page
top