grape [グレイプ]

「こんなに危険なのか!」 『タトゥーシール』について消費者庁が注意喚起

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

近年、スポーツ観戦やハロウィンなどのイベントで、多くの人から親しまれている『タトゥーシール』や『フェイスペイント』。

子どもから大人まで手軽に楽しめる点が魅力で、「いつもと違うワクワクする気分をより一層味わいたい!」「思い出の写真を撮りたい!」という理由から、幅広い世代で人気を集めています。

消費者庁が『タトゥーシール』『フェイスペイント』に対して注意喚起

2019年9月18日、消費者庁は『タトゥーシール』により、このようなトラブルの報告が寄せられていることを発表しました。

タトゥーシールを子どもの頬に貼ったが強くこすらないと剥がれず、あとがかさぶた状になり、現在シミになってしまった。

消費者庁ウェブサイト ーより引用

『タトゥーシール』や『フェイスペイント』などには、化粧品のような明確な安全基準が設けられていないといいます。

そのため、皮膚の表皮が大人に比べて薄い子どもが使用した時に、肌トラブルが発生してしまうことも…。

消費者庁は、同じ内容の注意喚起をTwitterでも行っています。

このツイートに「こんなに危険だったのか」「注意しなければ」といった声が寄せられています。

また、消費者庁は『タトゥーシール』や『フェイスペイント』などを使用する時は、次のことに注意をするように呼びかけています。

・目の周りや頬など、特に肌の敏感な部分には使用しない方がよいでしょう。

・アレルギーのある方は成分表示をよく確認しましょう。天然ゴムや金属等のアレルギーを引き起こす成分が使用されているものもあります。

・肌に傷や湿疹などの異常がある場合は使用しないでください。

・使用方法や剥がし方・落とし方をよく読んでから使用しましょう。

・大人を対象としたメイク用クレンジング剤が、子どもの肌に合わない場合もあります。クレンジングの際は優しくこすりすぎないようにし、保湿することが大切です。

・使用前には、腕の内側などの目立たない場所で使用テストをしましょう。剥がした後に、肌に異常が無いかを確認してから使用すると良いでしょう。

・肌に合わない場合はすぐに使用を中止し、かゆみや痛みがある場合には皮膚科を受診しましょう。

消費者庁ウェブサイト ーより引用

『タトゥーシール』や『フェイスペイント』は手軽に利用できる一方、直接人の肌に触れることからトラブルが起きないとはいい切れません。

肌にトラブルが起きてしまっては、せっかくのイベントが台なし。特に小さなお子さんが使う場合は、安全性が保たれているかなどを確認してから使用してください!


[文・構成/grape編集部]

出典
消費者庁ウェブサイト@caa_kodomo

Share Tweet LINE コメント

page
top