grape [グレイプ]

「良いことありそう!」 2020年の元旦に目撃された空が特別だった

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2020年1月1日…その日の空は、1年の始まりにふさわしい美しさでした。

気象庁気象研究所研究官の荒木健太郎(@arakencloud)さんが撮影した元旦の空の写真をご紹介します。

その名も『天使のはしご』

雲の切れ間から太陽の光がもれ、日光が放射線状に地上へ差し込む現象を『薄明光線』といいます。

『天使のはしご』とも呼ばれる同現象が、2020年1月1日の朝に起こりました。

『天使のはしご』の異名にふさわしい美しい元旦の空をご覧ください。

その名にふさわしく、雲の切れ間から日光とともに天使が舞い降りてきそうな神々しさ。時間を忘れてしばし見惚れてしまいそうになります。

【ネットの声】

・『天使のはしご』っていうんですね!初めて知りました。

・なんて神々しい…!新年早々、いいことが起こりそうです。

・2020年の朝は、たくさんの天使たちが地上に降りてきたんですね。

ほかにも、コメントで『天使のはしご』の目撃情報が相次ぐなど、全国で同様の現象が見られたようです。

1月1日の朝は、やはり特別に感じるもの。1年の始まりの朝、こんなにも美しい空が広がっているなんて幸先がいいですね。

『天使のはしご』という別名もあってか、なんだかこの1年が素晴らしいものになりそうな予感がします。


[文・構成/grape編集部]

出典
@arakencloud

Share Tweet LINE コメント

page
top