grape [グレイプ]

恋人から届いた最後のLINE 『最後のひと言』に、14万人が怒りの声!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

互いを想い合って恋人同士になったとしても、2人のどちらかが別れることを決断した時、関係はあっけなく終わってしまうもの。

別れの切り出し方は人それぞれですが、スマートフォンの『LINE』アプリを通して、関係を終わらせる人もいるでしょう。

元恋人から届いた最後のメッセージとは

ある日、砂肝(@snsno___)さんは、元恋人から届いた最後のメッセージをTwitterに投稿しました。

「思い出すとイライラしてくる」という、元恋人からのメッセージがこちらです。

「傷付けてごめんね…では、ドロンします…

※写真はイメージ

……ドロン!!!

飲み会の場で離席をしたり、何かから逃げたりする時に使う表現を、最後のメッセージで使った元恋人。砂肝さんの前から姿を消す様子を、伝えたかったのでしょうか。

砂肝さんの投稿はTwitter上で拡散され、14万件以上の『いいね』と、共感のコメントが寄せられました。

・私も元恋人からの最後のメッセージが「アディオス」で、殺意がわきました。

・イライラして当然です!「ドロン」のひと言は余計ですよね〜。

・私も元恋人から「これで終わりってことで」というメッセージが届いて、切れそうになったのを思い出しました!

砂肝さんは「今だからネタにできるけど、普通に殺意がわいた」と語っています。

対面や電話ではなく、文章で大切なことを伝える時、言葉選びにはより一層、気を使うべきでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
@snsno___

Share Tweet LINE コメント

page
top