grape [グレイプ]

職員の手を離したがらない保護犬の姿に涙する人が続出 すると数週間後…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Desiray Miracle-Wilder

2020年4月、アメリカ・アラバマ州の動物保護シェルターで働くデジレー・ミラクル・ワイルダーさんは、Facebookに1匹の保護犬の動画を投稿しました。

映っているのはデジレーさんの手を必死でつかもうとするオス犬、『スペック』。

掃除を終えてその場を離れようとした彼女にスペックは「行かないで。僕の手を握って」というようにすがりついているのです。

スペックは2018年10月からずっと、このシェルターで家族との出会いを待ち続けていたのだそう。

そして2020年4月についに里親が決まりかけたのですが、新型コロナウイルス感染症の影響で話はなくなってしまったのです。

心を痛めたデジレーさんが投稿したスペックの動画は、多くの人たちの涙を誘いました。

この投稿がきっかけとなり、スペックに注目が集まります。

その後、別の非営利の動物保護施設も協力してスペックの里親募集を大々的に行った結果、まもなく彼に里親が決まったのです。

それからスペックはアラバマ州からニューヨーク州まで移動し、新しい家族となったダニエルさんや先住犬と初対面。

いまではスペックが手を握って欲しい時にはいつでも、ダニエルさんが彼の手をしっかり握ってくれています。

ついにスペックに家族ができたことが施設のFacebookなどに投稿されると、「本当によかった」という祝福のコメントがたくさん寄せられました。

なぜこんなに人懐っこくて愛らしい犬に長い間里親が決まらなかったのかが不思議ですが、海外メディア『The Dodo』によると彼の顔に傷跡があるのだそう。恐らくそれが理由なのではないかということです。

1年半も待ち続けてやっと自分の家族ができたスペック。これからはダニエルさんからたっぷりの愛情をもらって幸せに暮らしていけることでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
Desiray Miracle-WilderBullock County Humane SocietyDanielle FilbeckThe Dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top