grape [グレイプ]

あおり運転、一度で免許取り消しに ネット上では「緩すぎる」の声も

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年6月9日、政府は、あおり運転などの罰則を強化した改正道交法施行令を閣議決定しました。

道路で急に車の前に割り込んだり、急停止をしたり危険な行為を繰り返すあおり運転。

FNNプライムオンラインによると、政府が決めた施行令は、あおり運転の違反点数を最低でも25点とし、免許の取り消し後、2年間は再取得できません。

また、あおり運転の罰則を最高で5年以下の懲役または100万円以下の罰金と新たに定められました。

あおり運転の違反点数は、酒気帯び運転と同じ25点で、一度で免許取り消しとなり、再び免許を取得できるまで、2年間かかる。

さらに、高速道路で車を停止させるなどした場合、違反点数は酒酔い運転と同じ35点と、より厳しくなり、3年間免許を取り直すことができない。

FNNプライムオンライン ーより引用

自転車の罰則も強化

さらに、政府は自転車のあおり運転についても改正道交法施行令を閣議決定。

産経新聞によると、他の車両を妨害する目的で自転車のあおり運転を『危険行為』と規定しています。

14歳以上の自転車利用者が危険行為で3年間に2回の摘発された場合、有料の安全講習を義務としました。

これまでに酒酔いや信号無視、遮断機の下りた踏切の立ち入りなど14項目が危険行為に指定されている。14歳以上の場合、危険行為は3年間に2回の摘発で安全講習が義務となり、受講しないと5万円以下の罰金と定められている。

改正令では、あおり運転に当たる「妨害運転」を第15項目に規定した。自動車やバイク、他の自転車の通行を妨げる目的で、逆走して進路をふさぐ、幅寄せ、進路変更、不必要な急ブレーキ、ベルをしつこく鳴らす、車間距離の不保持、追い越し違反の7行為が想定されている。

産経新聞 ーより引用

自動車、自転車ともに施行は同月30日からです。

ネット上ではさまざまな声が寄せられていました。

・緩すぎる気もする。初犯はその罰則でいいけど、繰り返すような悪質なドライバーにはもっと厳しくしていいと思う。

・立証するためにもドライブレコーダーは必須となりそう。

・やっと施行されるのか。これであおり運転が減ってくれるといいな。

・自転車にもあおり運転があるとは…。危険な行為が多いからこれで取り締まってほしい。

あおり運転は、大きな事故につながり命を奪いかねません。

新たな規定によって、あおり運転が減ることを願います。


[文・構成/grape編集部]

出典
FNNプライムオンライン産経新聞

Share Tweet LINE コメント

page
top