grape [グレイプ]

病気の兄犬を心配する弟犬が… 飼い主がいない時にしていたことに涙が出る

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:roman_spanky

優しい飼い主さんと暮らす2匹の犬、8歳のローマンと6歳のスパンキー。

2匹は初めて会った瞬間からすぐに仲よくなり、今では本物の兄弟のようにいつも一緒に過ごしています。

海外メディア『Bored Panda』によると、飼い主さんはある日、ローマンの耳が腫れているのに気が付いたのだそう。

動物病院で診てもらったところ、耳に血腫ができていて手術が必要だということが分かったのです。

手術が2週間先まで予約できなかったため、その間に耳の腫れが悪化してしまい、ローマンはだんだんと元気がなくなってきたのだとか。

またスパンキーはそんなローマンを見て、とても心配するようになったのだそう。

そして手術の5日前、ローマンの体調を心配した飼い主さんは室内に監視カメラを付けて、自分が不在の間も犬たちの様子を確認することにします。

すると…カメラに信じられない光景が映っていたのです。

カーペットの上に横になっているローマン。するとスパンキーがベッドを引きずって彼のそばに持ってきてあげたのです。

それから2匹はぴったりと寄り添って眠っていました。

感動した飼い主さんの姉妹が動画をSNSに投稿するとたちまち拡散され、多くのコメントが寄せられています。

・なんて優しい子。涙が出たわ。

・彼らはこの星でもっとも賢くて愛情深い生き物だ。

・兄弟愛だね。

普段から2匹は遊ぶ時も眠る時もいつでもそばにいるのだそう。

きっとスパンキーはローマンの具合がよくないことに気付き、少しでも助けてあげたいと思っているのでしょう。

『Bored Panda』によるとローマンの耳の手術は無事に終わり、術後の経過も良好だとのこと。

今では耳の不快感がなくなり、すっかり元気を取り戻したそうです。よかったですね。

ローマンの手術の後も、スパンキーはずっと彼のそばに寄り添っていたといいます。

体が健康でない時は心も弱くなってしまうものです。そんな時に優しい弟犬のサポートは、ローマンにたくさんの癒しとエネルギーを与えてくれたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
roman_spankyBored Panda

Share Tweet LINE コメント

page
top